実際の価値は2000円程度? 経済学者がビットコインを骨抜きに

ビットコインの価格チャート

※この画面をクリックすると、最新情報に移ります。

Market Insider

  • 1日(現地時間)の取り引きでビットコインは急落し、ここ数カ月で最も安い値を付けた。
  • 2人の専門家はそれでも高すぎると言い、実際の価値は20ドル(約2200円)程度だと見ている。

仮想通貨のビットコインは1日(現地時間)、ここ2カ月以上で最も安い値を付けた。だが、2人のエコノミストはそれでも高すぎると考えている。

12月中旬に1万9000ドル(約200万円)を超えたことで、今や知る人も多いこのデジタル通貨は、1日の取り引きで8700ドル(約95万円)を下回った。実に50%以上の下落だ。

だが、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の経済学者リチャード・ジャックマン(Richard Jackman)氏と、トスカファンド・アセット・マネジメントのエコノミストSavvas Savouri氏は、ビットコインが実際の価値以上に高値で取り引きされていると見ている。

「わたしたちがしばしば目にするフィナンシャル・タイムズの記事は、ビットコインそのものに価値はなく、したがって合理的に考えれば、価格もつかないと見ているようだが、それは明らかに間違いだ」両氏は1日のフィナンシャル・タイムズで語った。「ビットコインは(その名が示すように)ある種のマネーとして開発されており、マネーには価値がある。それはビットコインのような、ほとんど物質を伴わないマネーであっても同じだ」

両氏によると、その価値は取り引きの媒体としての需要に基づくという。

「この考えに立てば、基本的な価値は容易に概算できる」

そして両氏がはじき出した数字は、わずか20ドルだ。彼らのロジックはこうだ。

ビットコインの供給はそのリミット(現在は1500万前後)に向かって、ゆっくりと増える。支払い手段としてビットコインが使用されるのは現在、月に1億ドル前後もしくは年間12億ドル前後。ビットコインが普通の通貨のように使えれば、年間の利用は4倍前後になるだろう。つまり6000万ビットコインで12億ドル相当の経済活動を支えるなら、1ビットコインの価値は20ドルだ。

こうした分析には「でも」がつきものだ。今回の場合は、ビットコインには通貨としての価値があるかもしれない。でも、支払い手段としてビットコインの利用が千単位で増えなければならない。

「もちろん、それは可能だ。ビットコインが現在支えている経済活動はほんの一部だ」両氏は言う。「だが、増やすためには、テクノロジーの費用効果だけでなく、事実上の競争相手がいないと信じられることが必要だ」

[原文:2 economists just eviscerated bitcoin, saying it should be trading at $20]

(翻訳/編集:山口佳美)

編集部より:初出時、「支払い手段としてビットコインが使用されるのは、月に1億ドル前後……」としていましたが、「……使用されるのは現在、月に1億ドル前後……」と「現在」を加えました。 2018年2月3日

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

グローバルビジネスの最前線 ~海外でビジネスをするとは? リクルート、旭硝子、ローソンに聞く成功と失敗

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい