数学大好き! 決算報告に隠されたグーグルの数学オタク的な遊び心

グーグルCEOサンダー・ピチャイ氏

Justin Sullivan / Getty Staff

  • グーグルは四半期決算報告で、極めて具体的な数字の自社株買いを発表。
  • その数字は「完全数(perfect number)」。
  • グーグルは数学的なことが好き。

2月1日(現地時間)、グーグルの親会社アルファベットは第4四半期の決算発表において自社株買いの計画を発表した。その額は、85億8986万9056ドル。細かい......。

グーグルが自社株買いの額に極めて具体的な数字(ちなみに日本円にすると約9400億円)を選んだ理由は、おそらくこれが「完全数」だから。

完全数は、面白い性格を持っている数字のこと。その数自身を除く、その数の約数(その数を割り切る整数)の和が、その数と等しくなる数が完全数。

例えば、一番小さな完全数は「6」。6は、1、2、3、そして6で割り切ることができる。その数自身である6を除く、3つの約数を足すと、1+2+3=6となる。

85億8986万9056は、完全数。この数字はその数自身以外に33の約数を持っている。ここに書くにはちょっと多過ぎるが、足すと85億8986万9056になる。

完全数はその奇妙な性質に加えて、数が少ない。完全数は、メルセンヌ素数と呼ばれる数字 —— 2の累乗数(2の0乗、2の1乗、2の2乗、2の3乗、2の4乗、2の5乗……、つまり1、2、4、8、16、32……)から1を引いた自然数(メルセンヌ数)のうちで、素数のものと密接に関係している。それぞれの完全数には、(具体的な計算式は省くが)対応するメルセンヌ素数がある。

メルセンヌ素数自体も興味深い。なぜなら、本当にメルセンヌ素数であるかどうかは、比較的簡単な計算式で調べられるからだ。現在までに発見されている最大の素数は、メルセンヌ素数で、史上最大の素数は、2の77,232,917乗−1。

現在までに発見されているメルセンヌ素数は50個、つまり現在までに分かっている完全数も50個だ。

グーグルは数学的なことが好きで、しばしばこうしたことを行っている。2011年、ノーテル・ネットワークが所有する特許のオークションで、グーグルはパイ(円周率)の倍数で入札した。2015年、アルファベットへの社名変更後には、50億9901万9513ドル59セントの自社株買いを発表、この数字はアルファベットの文字数26の平方根にちなんでいる。グーグルという社名自体も、10の100乗という巨大な数字を表す「googol」に由来している。

[原文:Google hid another nerdy math joke in its latest earnings report

(翻訳/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中