人気歌手のプロモーション、書店、噴水......。ショッピング・モールと一緒に消えたもの20

アヴリル・ラヴィーンのステージに群がる若者たち

アヴリル・ラヴィーンのステージに殺到した若者たち。おなじみの光景の多くが、なくなってしまった。

Jason Nelson/Getty Images

  • 集客に苦戦するショッピング・モールは、その多くが閉鎖、または改装されて新しい施設に生まれ変わっている。
  • かつてモールでおなじみだった光景の多くが、ますます見られなくなってきている。
  • 子どもの遊び場、アーケードゲーム、人気歌手のプロモーションもそうだ。

ショッピング・モールはかつて、私たちの買い物や近所付き合いにおいて極めて重要な役割を果たしていた。昔は午後になると常に客で賑わっていたモールの多くが、今では空きテナントを埋めるのに苦戦し、住宅やオフィスに変わってしまったところもある。

その結果、モールによくあった店舗やモールならではのものがほとんどなくなってしまった。

ショッピング・モールから消えた店舗、特徴、イベンドなどを見てみよう。

子どもの遊び場

子どもの遊び場

Brennan Linsley/AP

ショッピング・モールは週末、家族で出かける定番スポットだった。親の買い物に付き合うことが子どもたちのストレスにならないよう、ほとんどのモールには遊び場があった。

シャーパー・イメージ(Sharper Image)

シャーパー・イメージの実店舗外観

Eric Risberg/AP

家電ブランドのシャーパー・イメージは、2008年に破産申請するまで、多くの店舗を展開していた。現在はウェブサイトやカタログ、小売業者を通して製品を販売している。

人気歌手のプロモーション

アヴリル・ラヴィーンのステージに群がる若者たち

Jason Nelson/Getty Images

CDが売れていた頃は、ブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーンといった人気歌手がニューアルバムのプロモーションでモールを回った。若いファンが殺到した。

トゥルーレリジョン(True Religion)

トゥルーレリジョンのジーンズやトップス

Brett Deering/Getty Images

ブランドの人気がなくなり、シェアが低迷。2017年7月に破産申請し、少なくとも27店を閉店する計画を発表した。

モールが登場する映画

映画『ミーン・ガールズ』の1シーン

Facebook/Mean Girls

若者たちが友だちとモールでショッピングしたり、ぶらぶらと時間を過ごしていた頃、10代をターゲットにした映画、例えば『初体験/リッジモント・ハイ(Fast Times At Ridgemont High)』や『ミーン・ガールズ(Mean Girls)』などには、よくショッピング・モールが登場した。

ウォルデンブックス(Waldenbooks)

本を立ち読みする男性

Tim Boyle/Getty Images

ボーダーズ(Borders)やウォルデンブックスといった書店は、モールの定番だったが、多くの独立書店やチェーン書店同様、いずれも倒産した。

噴水

噴水で遊ぶ子どもたち

Branimir Kvartuc/AP

子どもはモールに行くと、必ず噴水に小銭を投げ入れたもの。だが、経費削減のため噴水はもはや見られない。

ペイレス(Payless)

ペイレス

Damian Dovarganes/AP

靴のディスカウントチェーン、ペイレスも、小売業界の変化に対応できず、2017年4月に破産申請した約900店を閉店し、現在は約3500店。

ウィンドウショッピング

窓の外からおもちゃを眺める女の子の後ろ姿

Daniel Goodman / Business Insider

店のディスプレイを眺めて、高価な服や電化製品を手に入れることを夢見るのが普通だった。だが今ではInstagramやSnapchatといったソーシャルメディアがその役割を果たしている。

ヴァージンメガストア(Virgin Megastore)

ヴァージンメガストア

Spencer Platt/Getty Images

CDセールスは過去10年にわたって落ち続けている。その結果、大規模なレコード店の多くが閉店した。ヴァージンはCDマーケットの主役だったが、同社の旗艦店舗はもうアメリカ国内にはない。

アーケードゲーム

アーケードゲーム

Andrew Savulich/AP

家庭用ゲーム機の普及でアーケードゲームは時代遅れになった。

初めてのアルバイト

飲食店のカウンターで食事を注文する客と店員

Jose Luis Magana/AP

モールが人気だった頃、ティーン・エイジャーの初めてのアルバイト先としても人気だった。

スポーツオーソリティ(Sports Authority)

スポーツオーソリティ

AP

スポーツ・アパレルのスポーツオーソリティは2016年に破産申請し、その後全店を閉店した。

スター選手の記念品の店

スター選手の記念品の店

Slaven Vlasic/Getty Images

スター選手のサイン入りの服やグッズを販売していた店は、モールにとって重要な存在だった。

お小遣いを使う場所

お小遣い

Steven Depolo/flickr

ティーンたちの多くは、お小遣いをもらったら一直線にモールへ向かった。だが、eコマースの台頭によって、ショッピング・モールは定番というよりむしろ、目新しいものになってしまった。

ラジオシャック(RadioShack)

ラジオシャックの店舗外観

Wikimedia Commons

ラジオシャックのような家電量販店は近年、eコマースとの競争に苦戦している。同社は2017年3月の破産申請後、1000店以上を閉店した。

たばこを吸う人

たばこを吸っている男性

Cameron Spencer/Getty Images

かつては公共の場所での喫煙が認められていた。だが禁煙法により、ここ20〜30年でその姿は見なくなった。

FAOシュワルツ(FAO Schwarz)

FAOシュワルツ

Reuters

かつてはその巨大店舗で知られたおもちゃ屋さん、FAOシュワルツは今ではメイシーズ(Macy’s)など他の小売店への出店にシフトしている。

ザニー・ブレイニー(Zany Brainy)

ザニー・ブレイニーの店舗外観

Dan Loh/AP

教育玩具のザニー・ブレイニーは2001年に破産申請したが、創業者のデイビッド・シュレッシンガー(David Schlessinger)は現在、ディスカウントストアのファイブ・ビロウ(Five Below)を経営している。

ジンボリー(Gymboree)

ジンボリーの広告、星条旗を振る子どもたち

Facebook/Gymboree

子ども服のジンボリーは2017年6月に破産申請したあと、25%以上の店舗を閉店した

[原文:20 things that have disappeared as malls across America have died

(翻訳:Ito Yasuko/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み