スケート羽生、スノボ平野 両選手も持ってる!? 非売品「平昌オリンピック限定スマホ」を触ってみた

五輪アスリート

アスリートのためのスマートフォンを、今年もサムスン電子が提供。

サムスン電子

世界に4000台しかないスマートフォンが、平昌オリンピックの会場にある。

サムスン電子は、ハイエンドスマートフォン「PyeongChang 2018 Olympic Games Limited Edition」を2018年1月に公開。同社は2月9日の平昌オリンピック開会式と同時に、すべての参加アスリートとその関係者向けにこの4000台の端末を無償で提供した。

Business Insider Japanは、平昌オリンピックの江陵(カンヌン)会場で同端末に触ることができた。その様子をお送りする。

江陵会場の「Galaxy Olympic Showcase」。平昌開場にも同名のパビリオンはある。

Galaxy Olympic Showcase


これが「PyeongChang 2018 Olympic Games Limited Edition」。

PyeongChang 2018 Olympic Games Limited Edition


背面の白は平昌の雪をイメージしており、五輪マークが黄金に輝いている。

PyeongChang 2018 Olympic Games Limited Edition


デュアルカメラや付属のS Penからもわかるとおり、ベースは「Galaxy Note8」。

PyeongChang 2018 Olympic Games Limited Edition


日本のau版Note8と比較。背面とS Penが白なのは、平昌五輪モデルだけ。

Galaxy Note8


正面も比較。ちなみに、日本語設定も標準で可能。

Galaxy Note8

ただし、韓国版Galaxy Note8がベースとなっているため、日本の技術基準適合証明等の届け出は出ていない。


アイコンも五輪仕様だが、これは同社のアプリストアからテーマを無料でダウンロードして誰でも利用できる。

Galaxy Note8


同施設内のVRアトラクションにも平昌五輪モデルが使われており、生産数自体は4000台より多いだろう。

Gear VR


触れないが、歴代の五輪モデルも展示されている。

SGH-i530

写真は2004年開催のアテネオリンピックで配付されたフィーチャーフォン「SGH-i530」。


毎年制作されている五輪のピンバッジも展示。

ピンバッジ


2020年東京五輪で、限定モデルは発売されるだろうか?

日本でスマートフォン「Galaxy」シリーズを展開するサムスン電子は、無線通信分野のワールドワイド・オリンピックパートナーだ。同社とオリンピックとの取り組みの歴史は深い。1988年に、ソウル夏季五輪でローカルスポンサーとして支援。そして、1998年の長野冬季五輪から現在と同じ無線通信分野のワールドワイドパートナーとして、オリンピックで無線通信技術を提供してきた。

関連記事:もう1つの“平昌五輪”、サムスン電子が「初公開」5Gタブレットで実証実験

その一環が、この「オリンピックエディションのGalaxyスマホ」だ。オリンピック選手に最新の技術が詰め込まれたこの製品を提供し、その機能を体験、周知してもらう狙いがある。しかし、今回の平昌五輪モデルはこれまでと異なる点がある。

それは、オリンピックエディションの一般向けの販売がないということ。

Galaxy Olympic Showcase

Galaxy Olympic Showcaseにはストアもあり、背後には平昌オリンピックのロゴ色の箱もあるようだが……。

Galaxy Note8用の背面ケース

こちらが平昌五輪記念セットについてくるNote8用のケース。残念ながらこのケースの単体でも販売されていない。

厳密には韓国キャリアのKT社が、平昌オリンピックを記念したGalaxy Note8用ケースと本体をセット販売しているが、こちらの本体のカラーバリエーションは黒で従来機と変わらない。

Galaxy S7 edge Olympic Games Edition

日本でもauから限定販売された「Galaxy S7 edge Olympic Games Edition」(写真はグローバル版)。

サムスン電子

過去には、2016年7月にリオ夏季五輪向けに「Galaxy S7 edge」をカスタマイズしたOlympic Games Editionが展開され、日本ではauが2016台限定で販売した。KDDI広報部によると同モデルは「完売した」という。一定の人気はあったようだ。

サムスン電子は2020年の東京オリンピックまで継続してワールドワイドパートナーをつとめると明言している。同社が2020年にどんな「特別モデル」を日本で繰り出すのか、楽しみだ。

Galaxy Showcase

平昌オリンピックの各会場で触れなければ、仁川(インチョン)国際空港の制限エリア内にある「Galaxy Showcase」に寄ってみるのも手だ。

(文、撮影・小林優多郎 取材協力・サムスン電子ジャパン)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい