迫力だけが魅力じゃない! ヘルメットのデザインで見る、スケルトン競技

アイアンマン

Matthias Hangst/Getty Images

スケルトンは冬季五輪の中でも、最も手に汗握る競技の1つだ。

オリンピックの栄光を求めて、選手たちはそりに飛び乗り、平均時速100キロメートルで、1200メートル以上の傾斜があるアイストラックを疾走する

だが、その迫力だけがスケルトンの魅力ではない。ファッション性も素晴らしい。

選手たちは自身のヘルメットに、自分の国や競争心の象徴、好きな映画など、さまざまなデザインを施している。こうしたヘルメットを身に付けて、フィニッシュラインに飛び込んでくる様子は圧巻だ。

平昌オリンピックの出場選手たちがかぶっている、Business Insiderのお気に入りをいくつか紹介しよう。


ガーナ代表、アクワシ・フリンポン選手

アクワシ・フリンポン選手

Matthias Hangst/Getty Images

平昌オリンピックに出場する、唯一のガーナ代表選手。ヘルメットには、ライオンから逃れるうさぎが描かれている。これは彼の人生を比喩的に表したものだ。

カナダ代表、ケビン・ボイヤー選手

ケビン・ボイヤー選手

Matthias Hangst/Getty Images

オリンピック代表に初めて選ばれたボイヤー選手は、オリンピックに向け、クラウドファンディングで資金を調達しようと試みた。先住民族のハイダ族にインスパイアされたビーバーが描かれている。

韓国代表、尹誠彬(ユン・ソンビン)選手

尹誠彬(ユン・ソンビン)選手

Matthias Hangst/Getty Images

韓国の尹誠彬選手は、スケルトン男子の金メダル最有力候補だ。映画『アイアンマン』の大ファンで、氷上では主人公トニー・スタークになりきる。

ドイツ代表、クリストファー・グローテア選手

クリストファー・グローテア選手

Matthias Hangst/Getty Images

グローテア選手のヘルメットには、ドイツの国章である黒い鷲があしらわれている。

カナダ代表、デーブ・グレシュチシン選手

デーブ・グレシュチシン選手

Matthias Hangst/Getty Images

グレシュチシン選手のヘルメットには、今にも襲い掛かってきそうなグリズリー・ベアが描かれている。

ルーマニア代表、マリアマリネラ・マジル選手

マリアマリネラ・マジル選手

Matthias Hangst/Getty Images

マジル選手のヘルメットは、彼女が常にアイストラックを見ていることを示している。

オーストラリア代表、ジャクリン・ナラコット選手

ジャクリン・ナラコット選手

Matthias Hangst/Getty Images

ナラコット選手は、グリーンとゴールドというオーストラリアのナショナル・カラーを身に付けて、アイストラックを疾走する。

カナダ代表、ミレラ・ラニーバ選手

ミレラ・ラニーバ選手

Matthias Hangst/Getty Images

ラニーバ選手のヘルメットは、長きにわたりがんと闘い、6月に亡くなった母親に捧げられたものだ

アメリカ代表、ケイティ・ユーランダー選手

ケイティ・ユーランダー選手

Matthias Hangst/Getty Images

ユーランダー選手のヘルメットには、彼女をフィニッシュラインへと導くアメリカの国鳥ハクトウワシが描かれている。

日本代表、高橋弘篤選手

高橋弘篤選手

Matthias Hangst/Getty Images

高橋選手のヘルメットには、スケルトン競技の中でも最もまばゆいばかりのデザインが施されている。

イタリア代表、ジョゼフ・ルーク・チェッキーニ選手

ジョゼフ・ルーク・チェッキーニ選手

Lars Baron/Getty Images

チェッキーニ選手の骸骨のデザインは、スケルトン競技にぴったりだ。

カナダ代表、バレ・マルティノ選手

バレ・マルティノ選手

Matthias Hangst/Getty Images For IBSF

マルティノ選手はデザイン通り、果敢にアイストラックを攻める。

ラトビア代表、トマス・ドゥクルス選手

トマス・ドゥクルス選手

Lars Baron/Getty Images

完全に真っ黒なドゥクルス選手のヘルメット姿は、まるでスーパーヒーローのようだ。

[原文:Skeleton riders have a habit of sporting some intense helmets — here are the best ones from Pyeongchang 2018]

(翻訳/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中