本物のコブラが登場、コブラの調理法も学ぶ多国間共同訓練「コブラ・ゴールド」

コブラ・ゴールドに参加したアメリカの海兵隊員。

コブラ・ゴールドに参加したアメリカの海兵隊員。

REUTERS/Athit Perawongmetha

多くの海兵隊員がタイで行われた多国間共同訓練コブラ・ゴールド(Cobra Gold)に参加した。1982年からほぼ毎年、タイで実施されている。

訓練はもともと、アメリカとタイと関係強化を目的に始まったが、今では周辺地域の多くの国々が参加している。2018年は、29カ国から1万1075人が参加した。

アメリカは今年、人数をほぼ倍増させ、6800人が参加。これは勢力を増す中国の脅威に備えるためと見て間違いないだろう。

「この訓練は、インド-太平洋地域における最大の多国間共同訓練。この地域におけるアメリカのコミットメントを示すもの」と在タイ・アメリカ大使館の広報官は語った。

訓練の様子を見てみよう。

コブラ・ゴールドの主目的は、上陸訓練。今年は倍のアメリカ海兵隊員が参加。

今年は例年の倍の海兵隊員が参加。

アメリカの海兵隊員。2018年2月17日。

Associated Press


煙幕を張りながら海岸に近づく韓国軍の水陸両用強襲輸送車。

煙幕を張りながら海岸に近づく水陸両用強襲輸送車。

コブラ・ゴールド18。2018年2月17日。

US Marine Corps


海岸に到着。

海岸に着くと、海兵隊員が飛び出し、上陸。

海岸に上陸する韓国軍の兵士。2018年2月17日。

Associated Press


北朝鮮との緊張が高まるなか、今年の訓練では韓国軍が大きな役割を演じた。

北朝鮮との緊張が高まるなか、今年の訓練では韓国軍が大きな役割を演じた。

コブラ・ゴールド2018に参加した韓国軍。2018年2月16日。

Reuters


激しい訓練は中国に対して太平洋におけるアメリカのプレゼンスを示すもの。

アメリカのプレゼンスを示す激しい訓練。

訓練中の海兵隊員。2018年2月16日。

Reuters


ジャングルでの訓練もコブラ・ゴールドの目的。ジャングルで生き抜く方法を学ぶ。

ジャングルで生き抜く方法を学ぶ。

タイ海軍の指導官がコブラの捕まえ方を指導。2018年2月19日。

REUTERS/Athit Perawongmetha


コブラの血を飲むことはこの訓練では当たり前。参加国の兵士たちは、コブラの頭を切り落とし血を飲む。

コブラの血を飲む海兵隊員。

コブラの血を飲む海兵隊員。2013年のコブラ・ゴールド。

REUTERS/Damir Sagolj


残りの部分も無駄にしない。コブラの調理法と食べ方も学ぶ。

残りの部分も無駄にしない。コブラの調理法を学ぶ。

残りの部分も無駄にしない。コブラの調理法を学ぶ。2018年2月19日。

REUTERS/Athit Perawongmetha


環境への配慮も。助けたウミガメを海に帰す。

環境への配慮も。助けたウミガメを海に帰す。

訓練中に行われた式典でウミガメを持つ第三海兵遠征軍司令官ローレンス・ニコルソン中将。

US Marine Corps


[原文:The US sent its biggest force in years to an Asian military exercise where

(翻訳/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み