ネットフリックスのウェブサイト —— サービスの変遷とともに、いかに変化してきたか

2008年のNetflix。

2008年のNetflix。

Netflix

ネットフリックス(Netflix)は1997年にスタートして以来、大きな変貌を遂げている。

同社はDVDレンタルサービスからスタート、今では世界中でストリーミングサービスを展開し、かつて隆盛を誇ったブロックバスター(Blockbuster)などを打ち負かした。

だが常に順調だったわけではない。同社がサービスをネットフリックスとQwikster(クイックスター)に分割しようとして失敗したことを覚えているだろうか?

UX Timelineを運営するジャシンテ・ブッソン(Jacinthe Busson)氏は、ネットフリックスのウェブサイトの1999年から現在までの変遷をまとめた。見てみよう。


1999年、まだ現在のキーカラーである赤は使われていない。「Net」と「Flix」も分かれている。

1999年、まだ現在のキーカラーである赤は使われていない。「Net」と「Flix」も分かれている。

Netflix


2004年には今のデザインに近いものになった。だがまだストリーミングサービスは始まっていない。延滞料金なしが特徴の1つだった。

2004年には今のデザインに近いものになった。だがまだストリーミングサービスは始まっていない。延滞料金なしが特徴の1つだった。

Netflix


2008年、ストリーミングサービスを導入。「思ったより簡単!」だが作品数はまだ少なかった。

2008年、ストリーミングサービスを導入。「思ったより簡単!」だが作品数はまだ少なかった。

Netflix


2009年、「幸せな家族」のイメージがメインに。当時、ストリーミングはRokuやXbox 360などの端末を使って視聴していた。

2009年、「幸せな家族」のイメージをアピール。当時、ストリーミングはRokuやXbox 360などの端末を使って視聴していた。

Netflix



2010年、ストリーミングサービスの紹介が加わり、大きな位置を占めるようになった。

2010年、ストリーミングサービスの紹介が加わり、大きな位置を占めるようになった。

Netflix


2011年、ストリーミングがメインになった。Facebookでのログイン機能も登場。

2009年、「幸せな家族」のイメージをアピール。当時、ストリーミングはRokuやXbox 360などの端末を使って視聴していた。

Netflix



2012年、ネットフリックスは一般的になり、サービス紹介はなくなった。もちろんDVDも。

2012年、ネットフリックスは一般的になり、サービス紹介はなくなった。もちろんDVDも。

Netflix


2012年から2013年にかけては大きな変化はない。デザインはより洗練されたものに。

2012年から2013年にかけては大きな変化はない。デザインはより洗練されたものに。

Netflix


また、お勧め作品やオリジナル作品が強調されている。

また、お勧め作品やオリジナル作品が強調されている。

Netflix


2014年、大きな変化はないが、メイン画像がストック写真のようだ。

2014年、大きな変化はないが、メイン画像がストック写真のようだ。

Netflix


2015年、人気作品が下に並んだ。

2015年、人気作品が下に並んだ。

Netflix


2016年、様々なユーザーを意識し、トップ画像が切り替わるようになった。価格を大きくアピールすることをやめた。

2016年、様々なユーザーを意識し、トップ画像が切り替わるようになった。価格を大きくアピールすることをやめた。

Netflix


現在、ウェブサイトでは「いつでもキャンセルOK」が強調されている。

現在、ウェブサイトでは「いつでもキャンセルOK」が強調されている。

Netflix


[原文:Netflix's website in 1999 looked nothing like it does today — here's how it has evolved over the years

(翻訳/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい