バーガーキングを救ったCEO、面接で「あなたは賢いのか、ハードワークするのか」と聞く —— 正しい答えは決まっている

バーガーキングのCEO、ダニエル・シュワルツ氏。

バーガーキングのCEOは面接で、知性とハードワークはどちらが重要かと質問する。彼の中で答えは決まっている。

Restaurant Brands International CEO Daniel Schwartz.

  • ダニエル・シュワルツはレストラン・ブランズ・インターナショナルのCEO、同社はバーガーキングなど複数のファストフードチェーンの親会社。
  • 彼は32歳で、CEOになった。
  • シュワルツは面接で、知性とハードワークはどちらが重要かと質問する。彼の中で答えは決まっている。

ダニエル・シュワルツ(Daniel Schwartz)は、バーガーキング、ティムホートンズ、ポパイズ・ルイジアナ・キッチンといったファストフードチェーンの親会社、レストラン・ブランズ・インターナショナル(Restaurant Brands International )のCEO、ビジネスの天才だ。彼は投資銀行などウォール街での出世コースを駆け上がったあと、32歳で同社のCEOとなった。

関連記事:バーガーキングを救った36歳 —— 巨大チェーンを立て直したダニエル・シュワルツの正体

数十億ドル規模の企業を、30代という若い年齢で経営していることは、まさにシュワルツの成功が知性とハードワーク、両方の賜物であることの証拠。だが、面接においては、知性とハードワークのうちの片方は、もう片方より1点だけより価値があると、36歳になったシュワルツはニューヨーク・タイムズに語った

「私は面接で『あなたは賢いのか、それともハードワークするのか』と聞く。皆、ハードワーカーを求めている。だが驚くべきことに、多くの人が『ハードワークは必要ありません。私は賢いので』と答える。本当だろうか? 謙虚さは重要だ」

シュワルツは、彼の両親から謙虚さを持ったハードワーカーを雇う大切さを学んだ語った。

「おそらく両親から受けた最大の影響は、いつも他人に対して敬意を示すこと」と彼は語った。

「私は常に、話をしている相手に敬意を払うことを頭の片隅で意識している。世界は狭く、人生は短い、だから人には良い態度で接するべき。私は仕事で声を荒げることはしないし、怒りを爆発させたりしない」

インタビュー全文はこちら

[原文:The 36-year-old CEO of Burger King asks job candidates 'Are you smart or do you work hard?' — and there's a right answer

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい