テクノロジーの弊害? 鉛筆をうまく使えない子どもが増えていると、小児科医が警告

塗り絵

rawpixel.com / Unsplash

  • 医師たちは、子どもたちが鉛筆を正しく握る能力を持たないまま、学校生活を始める可能性があると警告した。
  • 彼らは、iPadといったテクノロジーを使うことが増えているのが、その原因だと言う。
  • タブレットやパソコンばかり使っていると、鉛筆やペンの使い方を習得するのに必要な指の筋肉の発達が止まってしまうと言う。
  • しかし、鉛筆の「正しい」持ち方などそもそもないのかもしれない。

最後に物理的に何かを書いたのは、いつのことだろう? すぐに思い出せない人も多いではないだろうか。実際、ペンや鉛筆を手にしたとき、不自然な使いづらさを感じることもあるだろう。

ガーディアンによると、医師たちは正しく鉛筆を使うのに必要な手の力を持たないまま、子どもたちが学校生活を始めている可能性があると警告している。テクノロジーに囲まれて育ったことが、その原因だと言う。

お絵描きよりもiPadを使った遊びを選ぶことで、指の筋肉の発達が止まり、いざ文字の書き方を学ぶときにより多くの手助けが必要になる可能性がある。

ハート・オブ・イングランドNHSファウンデーション・トラストの小児作業療法の責任者、サリー・ペイン(Sally Payne)氏は、10年前の子どもが持っていた手の力と器用さを今の子どもたちは持っていないと、ガーディアンに語った。

「入学してくる子どもたちには鉛筆が与えられるものの、基礎運動能力がないため、鉛筆をうまく持てない子どもが増えている」ペイン氏は言う。「鉛筆を握って動かすには、指の筋肉をしっかりコントロールする必要がある。こうしたスキルを子どもたちが習得するには、経験を積むことが必要だ」

6歳の息子を持つある母親は、息子の鉛筆の持ち方があまりにもおかしかったため、6カ月にわたって毎週、作業療法士のもとへ通わせたと言う。

雑誌『Journal of Hand Therapy』に2016年に掲載された記事は、若年層の握力が1985年に比べ大幅に低下していることを明らかにした。

研究者らは、20歳~34歳の237人の男女にジョイスティックのような握力計を握らせ、そのデータを集めた。握力はポンドで計測されている。

20歳~24歳の男性の平均握力は、1985年は右が121ポンド(約58.9kg)、左が105ポンド(約47.6kg)だったのに対し、今日では右が101ポンド(45.8kg)、左が99ポンド(44.9kg)しかない。25歳~29歳の男性では、それぞれ右で26ポンド(11.8kg)、左で19ポンド(8.6kg)低下している。女性も、1985年から約10ポンド(4.5kg)低下した。

「1985年以来、労働形態は大きく変わった」アメリカ、ノースカロライナ州にあるウィンストン・セーラム州立大学の作業療法学の教授で、この研究論文の筆頭著者でもあるエリザベス・フェイン(Elizabeth Fain)氏はNPRに語った。「社会として、我々はもはや農業でも、製造業でもない……テクノロジー関係だ。特にミレニアル世代に関しては」

鉛筆の持ち方

4つの「成熟した」鉛筆の持ち方。

Schwellnus et al., AJOT, 2012

しかし、2012年に雑誌『American Journal of Occupational Therapy』に掲載された研究は、そもそも鉛筆を持つのに最善の方法などないのかもしれないと書いている。

この研究は、4つの「成熟した」鉛筆の持ち方があると述べ、いずれも優劣は付けられないと結論付けている。

「実験では、鉛筆の握り方は、文字を書くスピードやその読みやすさに何ら影響しなかった」研究者は論文に書いている。「この発見は、速く、読みやすい文字を書くには、他の持ち方でも構わないということを示している」

言い換えれば、子どもがどんなに不思議な鉛筆の持ち方をしていても、何を書いているか読めさえすれば、何の問題もないのかもしれない。

[原文:Children are finding it harder to hold pencils because of technology, pediatricians have warned]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中