“成功”とは何か? ゲイツ、バフェット、オバマなど12人の伝説的人物の定義

マーク・キューバン

従来の成功の定義では彼らを評価できない。写真はマーク・キューバン。

Michael Buckner/Getty

  • 成功者たちは、お金や権力を持っていることが、必ずしも成功を意味するとは考えていない。
  • 彼らがしばしば人間関係や幸福、社会的影響力を話題にあげる。
  • 12人の伝説的な人物による、成功の定義を紹介しよう。

成功者」と言えば、一般的に何十億ドルものお金がある人やベストセラーを何冊も出した人、あるいは国のリーダーなどを指す。

だが、こうした従来の定義では成功者に当てはまる人に話を聞いてみると、多くの人物は、そうしたことは成功だとは思わないと言うだろう。

オバマ元大統領から、作家の故マヤ・アンジェロウ(Maya Angelou)まで、世界の最もパワフルで素晴らしい人たちの成功の定義を見てみよう。

リチャード・ブランソン:幸せであること。

リチャード・ブランソン

JP Kim/Stringer/Getty Images

バージン・グループの創業者リチャード・ブランソンの資産は約50億ドル(約5300億円)にのぼるが、成功とは個人的に満たされているかどうかだと考えている。

「成功を稼ぎや交友関係で考える人が多すぎる」と彼はリンクトイン(LinkedIn)に記した

「私の意見では、本当の成功とはどれくらい幸せかだ」

アリアナ・ハフィントン:お金と権力だけではない。

アリアナ・ハフィントン

Nicholas Hunt/Getty Images

ハフィントン・ポスト(Huffington Post)の共同創業者アリアナ・ハフィントン(Arianna Huffington)は、我々は成功をお金と権力という2つの基準で考えがちだが、第3の基準が必要だと語った。

「心から望む人生を送るためには、妥協した人生ではなく、第3の基準が必要」と彼女はフォーブスに語った

「成功の第3の基準とは、お金と権力に勝るもので、幸福、知恵、驚き、そして与えることの4つの柱からできている」

これらの要素が合わさって、精神的にも充実した、本当の意味での成功を得られる。彼女は2014年の著書『サード・メトリック しなやかにつかみとる持続可能な成功』にそう記した。

マーク・キューバン:成功にお金は必要ない。

マーク・キューバン

Michael Buckner/Getty

テレビ番組「シャーク・タンク(Shark Tank)」にレギュラー出演するビリオネアの投資家、マーク・キューバンの成功についての考えは、驚くほどシンプル。

スポーツグッズ販売のスタイナー・スポーツ(Steiner Sports)でのインタビューで彼は次のように語った。

「私にとって、成功の定義とは、朝、笑顔で起きて、今日もいい1日になるだろうと思うこと。お金がなかった頃も幸せだったし、成功していると感じていた。3部屋のアパートに6人で暮らし、床に寝ていたけれど」

伝説のバスケットボール監督、ジョン・ウーデン:成功とは満足。

ジョン・ウーデン

Wikimedia Commons

620勝、全国制覇10回、ジョン・ウーデンの戦績は、カレッジ・バスケットボールの歴代トップ。だが、彼にとっての成功は、他者との戦いではなく、自分との戦いだった。

「自分ができる限りのベストを尽くした時に、自分を満足させることができ、心の平安を得られる」と2001年のTEDトークで語った。

ウォーレン・バフェット:人間関係が何よりも重要。

ウォーレン・バフェット

Alex Wong/Getty Images

バフェットは、ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツと並ぶ世界有数のビリオネア。だが、彼にとっての成功の定義は、お金や名声ではない。

ヘッジファンド・マネージャーのジェームズ・ アルトゥーカー(James Altucher)が書いているように、バフェットはかつて、バークシャー・ハサウェイの年次株主総会で「どれだけの人に愛されているのかで、私は成功を測る」と語った。

作家マヤ・アンジェロウ:仕事を楽しむこと。

マヤ・アンジェロウ

AP

今は亡き偉大な詩人アンジェロウは、2014年に86歳で亡くなるまでに、多くの著書と名言を残した。

成功についての彼女の見解は素晴らしい。

「成功とは自分を好きになること、自分のしていることを好きになること、そして、自分のやり方を好きになること」

ビル・ゲイツ:社会に影響を与えること。

ビル・ゲイツ

Alex Wong/Getty Images

ビル・ゲイツにとって、成功とは人間関係や価値あるものを残すこと。

レディット(Reddit)のAMA(Ask Me Anything:何でも聞いて)で、成功の定義について質問されたゲイツは、ウォーレン・バフェットから得たヒントを紹介した。

「ウォーレン・バフェットはいつも、成功の物差しは身近な人が幸せで、自分を愛してくれているかどうかだと語っている」

ゲイツはこう付け加えた。

「新しいものを生み出したと実感できるのもいい。何かを発明したり、子育てをしたり、困っている人を助けたり」

作家ディーパック・チョプラ:絶えず成長すること。

ディーパック・チョプラ

Amy Sussman /AP Images for Seventh Generation

医師で作家のディーパック・チョプラ(Deepak Chopra)は、成功とは絶え間ない成長であると語った。

「人生における成功は、幸せが継続的に広がっていくこと、価値ある目標を次々と達成していくことと定義できる」と著書『富と成功をもたらす7つの法則』に記した。

オバマ元大統領:人々の生活を変えること。

バラク・オバマ

REUTERS/Kevin Lamarque

オバマは元アメリカ合衆国大統領。だが、権力と成功はイコールとは考えていない。

2012年の民主党全国大会で、ファースト・レディ(当時)のミシェル・オバマは、夫は「キャリアを高収入の仕事を辞め、製鉄所が閉鎖した厳しい地域で働くことから始めた」と聴衆に語った

彼女は続けた。

「バラクにとって、成功はどれだけお金を稼いだかではない。人々の生活に変化を生み出すこと」

トーマス・エジソン:仕事中毒であること。

トーマス・エジソン

AP Photo/J. Walter Thompson

1000以上の特許を持つエジソンの仕事に対する考え方は、常軌を逸していた。ときには60時間仕事を続けたと伝えられている。

当然ながら、彼の成功の定義は大きな望みを持つこと。

「成功は1%のひらめきと、99%の努力」

スティーブン・R・コヴィー:優れた人格を持つこと。

スティーブン・R・コヴィー

Wikimedia Commons

作家スティーブン・R・コヴィーは大成功し、ブームを巻き起こした。1989年の著書『7つの習慣』は2500万部以上売れている。だがコヴィーにとって、成功とは優れた人格を持つことだった。

「自分の葬儀で何と言って欲しいか、よく考えてみて欲しい」と彼は記した。

「あなたにとっての成功とは何かが見えてくるだろう」

大富豪のジョン・ポール・デジョリア:常に一生懸命働くこと。

ジョン・ポール・デジョリア

Kevin Winter/Getty

ジョン・ポール・デジョリア(John Paul DeJoria)は、ヘアケア製品ポール・ミッチェル(Paul Mitchell)と高級テキーラ、パトロン(Patron)の共同創業者。Business Insiderのインタビューで彼は若かりし頃、クリーニング店で働いていたときに学んだことを振り返った。

店の責任者は、誰も見ていないにもかかわらず、床をきれいに掃除していたデジョリアに感心した。だから、彼はこう信じている。

「成功とは、お金をどれだけ持っているかではない。地位でもない。成功とは、誰も見ていないときに、やるべきことをどれだけしっかりやるかだ」

(敬称略)

[原文:12 rich, powerful people share their surprising definitions of success

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい