年収1000万近くでも寮生活? 住宅価格の高騰するサンフランシスコで共同生活が広がっている

家財道具を持って移動する人

Starcityは、年収9万ドル以下の労働者に住宅を供給している。

Chip Somodevilla / Staff / Getty Images

  • 住宅価格が高騰するアメリカのサンフランシスコでは、手頃な価格の住宅が不足する中、住民はさまざまな手を講じて対応している。
  • 共同生活のスタートアップStarcityは、年収9万ドル(約960万円)以下の中流層の労働者に住宅を供給している。
  • 会員は家具付きの寝室、共有バス・トイレの物件に毎月1400~2400ドルを払っている。

賃貸を含め、住宅価格が非常に高いサンフランシスコでは、テック業界で働いていない中流層の労働者たちまでもが寮生活を始めている。

最近のニューヨーク・タイムズの報道によると、「サンフランシスコを支える中流層 —— ホテル従業員、教師、書店の経営者、ラウンジ・ミュージシャン、コピーライター、商品プランナー」は、住宅問題の解決策としてベイエリアのテック業界の関係者が中心となって生み出した「コミュニティー・ハウジング」というアイデアに、よりなじみ始めているという。

こうした変化をリードしているのが、使われなくなったホテルや小売店のビル、駐車場などを購入し、再開発するスタートアップ「Starcity」だ。2016年に創業した同社は、特定の層の人々に向けたビジネスを展開している。政府の補助金の対象にはならないが、サンフランシスコのとてつもなく高い住宅価格は払えないという中流層だ。

個室が持てる代わりにバス・トイレは少なくとも別の1人と共有、キッチンはもっと多くの人たちと共有するこうした物件は、少なくとも最初は、経済的だ。

Starcityの会員は毎月1400~2400ドル(サンフランシスコの平均賃料より、最大で1900ドル安い)を払えば、家具付きの130~200平方フィート(約12~19平方メートル)の寝室を光熱費、Wi-Fi費込みで借りられると、同紙は報じている。

ビルの管理者は会員の生活がスムーズに流れるよう、バス・トイレ、キッチンの消耗品を補充し、コミュニティー・イベントを計画しているという。洗濯(40ドル/月)や寝室の清掃(130ドル/週)といった特別サービスもある。

リビングでくつろぐ男性

Starcityの住人は、共有のキッチンやリビングを使うこともできる。

Caroline Cakebread/Business Insider

アメリカで中流層と認められるには、少なくとも年間3万9000ドル以上を稼ぐ必要がある。

だが、Business Insiderが以前報じたように、サンフランシスコの生活費は高く、40万ドルの年収があっても、自らを中流層だと考える住民もいる。

実際にはもう少し低いとはいえ、サンフランシスコの途方もなく高い住宅コストを背景に、この土地で中流層とみなされるには年に6万4451~19万3354ドルを稼ぐ必要がある。Starcityはこの範囲にかかる年収4万~9万ドルの人々をターゲットに、住宅を供給しようとしている。

「住民の大半は20代前半~50代前半で、コミューンに関する政治的な哲学や経験を持たない人たちだ」ニューヨーク・タイムズは書いている。「ここへ引っ越してきたのは、それぞれが実用的な決断を下した結果だ。だが、ここで暮らし始めると、彼らはこの住宅によって自分たちがどれほど変化したかに最も驚かされる」

Starcityは現在、サンフランシスコで3つのビルを運営していて、9つの施設を開発中だ。同社によると、8000人以上が順番待ちをしているという。

共同生活(コリビング)は新しいアイデアではない。だが、アメリカの住宅コストの高い都市では、一般的になりつつある。Business Insiderが以前報じたように、アーリーステージの起業家たちが集まる「ハッカー・ハウス」のような共同生活は、ベイエリアで人気を集めている。また、コワーキングスペースのWeWorkが手がけるWeLiveは、ニューヨークやワシントンD.C.でこうした住宅を展開している。

サンフランシスコの一般的な労働者にとって、住宅を購入するなど夢のまた夢だ。年間所得の中央値が9万6677ドルであるのに対し、頭金20%で住宅ローンを組むには年収17万3783ドルが必要だ。生活にかかる費用があまりにも高いため、企業の中にはサンフランシスコで従業員を雇わないところもある

[原文:San Francisco housing is so expensive that middle-class workers are moving into dorms with shared bathrooms]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中