無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界で最も危険な50都市ランキング

ブラジル麻薬組織のメンバー

スラム街を見下ろす丘の上で銃を持ってポーズをとる麻薬組織のメンバー、17歳の「ジャイアント」。ブラジル、2013年4月11日。

Reuters

2017年、ラテンアメリカはメキシコのCitizens' Council for Public Securityが毎年発表する世界で最も危険な都市ランキングに、依然として多くの都市がランクインするという不名誉な結果となった。

ランキングに掲載された50都市のうち、42がラテンアメリカの都市。ブラジルは17、メキシコは12、ベネズエラは5、コロンビアは3、ホンジュラスは2、エルサルバドル、グアテマラ、ジャマイカはそれぞれ1つがランクインした。

ラテンアメリカでの暴力は、大部分が麻薬密売組織犯罪にかかわるもの。メキシコではここ数カ月、犯罪組織が分裂し、多くの血が流れている。状況は、政情不安貧困景気低迷からさらに悪化。汚職、警察による不正なども犯罪を助長している。

ランキングは人口30万人以上の都市が対象。紛争地域や調査不可能な都市の殺人件数は含まれていない。そのため、いくつかの都市はランキングに現れていない。

また、一部、不完全なデータに基づいて殺人発生率を推定した都市もある。

例えばベネズエラでは、政府は殺人発生件数を一貫して公表していない2016年は公表)。カウンシルはベロモンテ遺体安置所の遺体数をもとに数字を推計している。同安置所には首都カラカスを含むより広い地域から遺体が運ばれる。ただし殺人事件以外の遺体も含まれる。また2017年の年間データを得ることができなかったため、前回の推定値からデータを推計した。ベネズエラの別の2都市については、信頼できるデータがなかったため、今年のランキングからは除外した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み