建築界のノーベル賞「プリツカー賞」初めてインドの建築家が受賞 —— その素晴らしい作品

インドの建築家バルクリシュナ・ドーシ氏。

インドの建築家バルクリシュナ・ドーシ氏。

Courtesy of VSF

3月7日(現地時間)、インドの建築家で都市プランナーのバルクリシュナ・ドーシ( Balkrishna Doshi )氏が、2018年のプリツカー賞を受賞した。建築界のノーベル賞と言われる賞だ。

インドの建築家が同賞を受賞するのは初めて。ドーシ氏はローコスト住宅、公共複合施設、教育・文化施設などを手がけている。

「建築界のノーベル賞」とも言われるプリツカー賞は、建築デザインの可能性を拡げた人物に贈られる。

ドーシ氏の素晴らしい作品を見てみよう。

ドーシ氏はインド西部の都市アフマダーバードを拠点としている。1980年代はじめに自身の設計事務所をデザイン、Sangath(サンガト)という名の円筒形の建物。

ドーシ氏の設計事務所Sangath(サンガト)。

ドーシ氏の設計事務所Sangath(サンガト)。

Courtesy of VSF


豊かな自然環境から、円筒形の建物、アーチ、グリーンテラス、水路が生まれた。

豊かな自然環境が、円筒形の建物、アーチ、グリーンテラス、水路を生み出した。

Courtesy of VSF


インドの都市で100以上のプロジェクトを手がけた。

インドの都市で100以上のプロジェクトを手がけた。

インドロールでのローコスト住宅プロジェクト。

Courtesy of VSF


このローコスト住宅プロジェクトはインドで良く知られている。

このプロジェクトはインドで良く知られている。

Courtesy of VSF


珊瑚色の住宅に6500世帯、約8万人が住む。1980年代はじめ、住宅不足を解消するために作られた。

珊瑚色の住宅に6500世帯、約8万人が住む。1980年代はじめ、住宅不足を解消するために作られた。

Courtesy of VSF

出典 :Architecture in Development

ドーシ氏は、シャープなラインの住宅デザインでも知られている。1959年に完成したKamala House。

ドーシ氏は、シャープなラインの住宅デザインでも知られている。1959年に完成したKamala House。

Courtesy of VSF


「当時は空調設備が入れられなかったので、南西部の自然な風を生かすようにデザインした」

「当時は空調設備が入れられなかったので、南西部の自然な風を生かせるようにデザインした」

Courtesy of VSF

出典 :Elle

一部が地下のアートギャラリー「アーマダバード・ニ・グファ(Amdavad Ni Gufa)」、1995年。

一部が地下のアートギャラリー「アーマダバード・ニ・グファ(Amdavad Ni Gufa)」、1995年。

Courtesy of VSF


洞窟のようなスペースに絵画や映像を展示。

洞窟のようなスペースで絵画や映像が展示される。

Courtesy of VSF


1973年、生命保険会社の社宅をデザイン。様々な所得層に対応。

1973年、生命保険会社の社宅をデザイン。様々な所得層に対応。

Courtesy of VSF


ピラミッド型の3階建ての建物が1つの階段で繋がれている。

ピラミッド型の3階建ての建物が1つの階段で繋がれている。

Courtesy of VSF


インド南部にあるインド経営大学。迷路のような教室の周りを風が吹き抜ける。

インド南部にあるインド経営大学。迷路のような教室の周りを風が吹き抜ける。

Courtesy of VSF


プリツカー賞の審査員は同氏の作品を「詩的で機能的」と評した。

プリツカー賞の審査員は同氏の作品を「詩的で機能的」と評した。

バンガロールにあるインド経営大学。

Courtesy of VSF

出典 :The Hyatt Foundation

「私の仕事は、私の人生の物語であり、絶えず進化し、変化し、探求を続けている。建築家の役割を取り除くことを探求し、生活だけを見つめている」ドーシ氏は声明で述べた。

「私の仕事は、私の人生の物語であり、絶えず進化し、変化し、探求を続けている。建築家の役割を取り除くことを探求し、生活だけを見つめている」ドーシ氏は声明で述べた。

インド経営大学。

Courtesy of VSF

出典 :The Hyatt Foundation


[原文:The winner of the 'Nobel Prize of Architecture' was just named — here are his stunning buildings

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中