地図で見るアメリカの所得格差 —— 大都市圏への富の集中が進む

地図で見るアメリカの所得格差 —— 大都市圏への富の集中が進む

ニューヨークの収入格差を示す地図。

Esri

アメリカでは、住む場所が収入と密接に関係している。サンフランシスコ、ワシントンD.C.、ニューヨークのような大都市に、富の集中が進んでいる。

地図作成ソフトウエア開発企業Esriが公表した地図には、アメリカの各地区ごとの平均所得が示され、現在のリアルな姿を映し出している。

地図では、世帯年収を4つに色分けして表示している。青の点は典型的な世帯の年収が少なくとも10万ドル(約1070万円)以上の地域、紫は10〜5万ドル、ピンクは5〜2万5000ドル、そして赤は2万5000ドル以下。

地図はアメリカの都市、そして国全体での富と貧困のパターンを明らかにしている。見てみよう。

ロサンゼルスやワシントンD.C.などの大都市には年収10万ドル以上の人が多い。

地図を見れば分かるように、ロサンゼルスやワシントンD.C.などの大都市に住む人の多くは年収10万ドル以上。

アメリカ全土の収入地図。

Esri

地図制作にあたって、Esriは国勢調査のデータを使用した。




国全体では、約25%が年収10万ドル以上。一方、約22%は年収2万5000ドル以下。

国全体では、約25%が年収10万ドル以上。一方、約22%は年収2万5000ドル以下。

ロサンゼルス、豪邸が並ぶビバリーヒルズ(左)、小規模な住宅が密接する南側(右)。

Esri


各都市をよく見てみると、地区ごとの格差が分かる。

各都市をよく見てみると、地域ごとの所得格差が分かる。

デトロイト、リッチな郊外(左)、ゼネラルモーターズのデトロイト・ハムトラマック(Detroit-Hamtramck)工場付近に広がる空き地(右)。

Esri


1970年代と80年代に大規模な失業を経験したデトロイトでは、ダウンタウンと郊外で大きな所得格差がある。

1970年代と80年代に大規模な失業を経験したデトロイトには、ダウンタウンと郊外で大きな所得格差がある。

デトロイトの収入地図。

Esri

国勢調査によると、デトロイトでは25万人以上が貧困ライン以下で生活している。

同じようにロサンゼルスでも、所得格差は市内のあちこちに広がっている。

同じようにロサンゼルスでも、所得格差は市内のあちこちに広がっている。

ロサンゼルスの収入地図。

Esri

裕福な地区はハリウッドやサンタモニカなどの海岸沿いや、市を見渡せる丘の上の地区に集中している。一方、低所得地区はダウンタウンとその南側、サンフェルナンド・バレー(San Fernando Valley)、そして東側のサンバナディーノ(San Bernardino)。

マンハッタンはほぼ全域がリッチだが、ローワー・イースト・サイド(Lower East Side)と市の北側は例外。

マンハッタンはほぼ全域がリッチだが、ローワー・イースト・サイド(Lower East Side)と市の北部は例外。

ニューヨークの収入地図。

Esri

近年、ニューヨークの複数の地区、特にブルックリンでは都市の再整備と高級化が進み、所得レベルが上昇した。

フィラデルフィアでは、西側と北側が極度の貧困に苦しんでいる。

フィラデルフィアでは、西側と北側が極度の貧困に苦しんでいる。

緑が広がるアードモア(Ardmore)地区(左)と、住宅が密集するケンジントン(Kensington)地区。

Esri


中心部の一部もリッチ。

だが、中心部の一部はリッチ。

フィラデルフィアの収入地図。

Esri


フィラデルフィアと同様、ヒューストンもリッチな地域が郊外に拡がり、また中心部に点在している。

フィラデルフィアと同様、ヒューストンもリッチな地域が郊外に拡がり、また中心部に点在している。

ライス大学(Rice University)近くの豪邸(左)、ガルフトン(Gulfton)地区の小規模な住宅。

Esri


リッチな地域は、市の西側と南側に拡大している。

リッチな地域は、市の西側と南側に拡大している。

ヒューストンの収入地図。

Esri


特に東海岸では、リッチな地区は都市の中心部にある。

特に東海岸では、リッチな地域は都市の中心部にある。

東海岸の収入地図。

Esri


西海岸も同様。サンフランシスコは特に青が目立つ。年収10万ドル以上の世帯が多いことを示している。

西海岸も同様。サンフランシスコは特に青が目立つ。年収10万ドル以上の世帯が多い印だ。

西海岸の収入地図。

Esri


南部の州の様子はかなり違う。赤が目立つ。南部のほとんどの地区では約4分の1以上の世帯が年収2万5000ドル以下。

南部の州の様子はかなり違う。赤が目立つ。南部のほとんどの地域で約4分の1以上の世帯が年収2万5000ドル以下。

南部の収入地図。

Esri


所得格差はリアルかつ、より極端に。

所得格差はリアルかつ、より極端になってきている。

マンハッタンのアッパー・イーストサイド(左)、ブロンクスのモットヘイブン(Mott Haven)地区(右)。

Esri


アメリカの多くの地区が経済的繁栄から取り残されている。

アメリカでは、多くのエリアが経済的繁栄から取り残されている。

シカゴ、レイクフロント(Lakefront)地区(左)、空き地が目立つ南側のイングルウッド(Englewood)地区(右)。

Esri


[原文:Striking maps reveal the huge wealth gap between American cities and the rest of the country

(翻訳:相馬佳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み