アメリカで分断が進むリベラルと保守、ニュースメディアとの接触も対照的 —— 最新調査

ニューヨーク・タイムズ本社

ニューヨーク・タイムズ本社。

Spencer Platt/Getty Images

  • アメリカの主要ニュースメディアのオーディエンスは、他のどの国のよりも政治的に偏っていることが分かった。
  • リベラルなオーディエンスはさまざまなメディアからニュースを得ているが、保守的なオーディエンスの大半は、Foxニュースを見ている。
  • ニュースに対する不信を口にする右寄りのアメリカ人は、左寄りのアメリカ人の2倍だ。

「フェイクニュース」に対する批判が高まり、アメリカ人のニュースメディアに対する信用度が38%となる中、右寄りのオーディエンスと左寄りのオーディエンスはそれぞれ違う情報源からニュースを受け取り続けている。

ロイターのInstitute for the Study of Journalismの最新レポートによると、左寄りのオーディエンスがニューヨーク・タイムズやCNNといったさまざまなニュースメディアに触れている一方、右寄りのオーディエンスはFoxニュースばかりを見ている。

また、データからは左寄りのオーディエンスの方が右寄りのオーディエンスに比べ、主要オンラインニュースメディアを見ていることも分かった。主要15メディアのうち、2メディアを除き全てオーディエンスは左寄りだ(円のサイズは、それぞれのメディアの週間リーチ数を表している)。

オーディエンスの偏りを表したチャート

アメリカのオンラインニュースのオーディエンスの偏り。その大半が左に寄っている。

Screenshot/Reuters Institute

5aa18444c227985b008b45c9

Reuters Institute for the Study of Journalism

また、ニュースに対する不信を口にする右寄りのアメリカ人は、左寄りのアメリカ人の2倍だ。アメリカ人全体では、ニュースメディア全般を信用していると回答したのは38%で、53%は自身が読んでいるニュースは信用できると答えている。

ロイターの調査によると、アメリカのオーディエンスは世界的に見て、最も政治的に偏っていることも分かっている。

メディアの偏りをスコア換算したチャート

オンラインニュースメディアの偏りをスコア換算したグラフ。アメリカが突出して高い。

Reuters Institute for the Study of Journalism

[原文:Here's how liberal or conservative consumers of major news outlets are]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中