2021年までに7500億円市場に? コカ・コーラが狙う新たな飲料カテゴリーとは

ココナッツウォーター「Zico」を持つ若者

米コカ・コーラは、ココナッツウォーターの「Zico」ブランドに新たなフレーバーを追加する。

Zico/Mermaidens

  • ココナッツウォーターは、2021年までに全世界で70億ドル(約7500億円)市場にまで成長すると見られている。
  • 米コカ・コーラは、同社のココナッツウォーター・ブランド「Zico」にハラペーニョ・マンゴーといった新たなフレーバーを追加することで、カテゴリーシェアを伸ばそうとしている。
  • コカ・コーラやペプシコといった飲料大手にとって、ヘルシーなドリンクの選択肢を提供することは重要になっている。Zicoのような健康志向のドリンクは、コカ・コーラの今後を占うカギになりそうだ。

コカ・コーラは、砂糖を多く含む炭酸飲料を避ける消費者を獲得するため、新たな飲料に力を入れている。

ココナッツウォーターブランド「Zico」が、同社のポートフォリオにおいて明るい材料になりつつある。

「ココナッツウォーターは、からだに良い製品だと考えられている」Zicoのゼネラル・マネジャー、トム・ラーセン(Tom Larsen)氏はBusiness Insiderに語った。

Zico

ココナッツウォーターの「Zico」。

Zico

米コカ・コーラの幹部は、アメリカ国内では2020年までにココナッツウォーターの市場が15億ドル規模になると見ている。市場調査会社Technavioは、2016年に約20億ドルだった世界全体のココナッツウォーター市場は、2021年までに70億ドル以上に成長すると見込んでいる。

ただし、この新たな飲料をニッチな商品から主流な商品に据える上で、競争相手がいないわけではない。ココナッツウォーターの人気は爆発しているが、新たに飲むようになった消費者もいれば、すでに慣れている消費者もいる。

「テイストは一部で分極化している」Zicoのマーケティングの責任者メーガン・セイドナー(Meghan Seidner)氏は言う。

セイドナー氏によると、消費者は「本当にはまる」前に、彼らはココナッツウォーターを6、7回飲む。新たな消費者を獲得するには、新たなフレーバーで引き付けることが重要であり、その点こそZicoが最も注力しているポイントだ。

フレーバーなしのココナッツウォーターに加え、Zicoでは最近、チョコレート、スイカ・ラズベリー、ハラペーニョ・マンゴーといったフレーバーを追加した。

Zico CocoLixir

新商品「Zico CocoLixir」。

Zico

また9日(現地時間)には、オーガニック・ジュースとココナッツウォーターをブレンドした「Zico CocoLixir」という新商品を発表。ココナッツウォーターとコールドプレスジュースという、成長目覚ましい2つのカテゴリーをかけ合わせた。

健康志向の2つのドリンクを融合させることは、炭酸飲料のコーラで知られるコカ・コーラにとって、難しい挑戦に見えるかもしれない。しかしセイドナー氏とラーセン氏は、同社にとってZicoのような「冒険的な新たなブランド」のカテゴリーを伸ばすことは、他社との競争において必要不可欠だと言う。

「我々は世界の総合飲料企業になろうとしている」ラーセン氏は、コカ・コーラのCEOジェームス・クインシー(James Quincy)氏が繰り返し述べてきた同社のミッションを引用して語った。

健康志向の消費者を獲得するため、ペプシコやコカ・コーラが新たなブランドを買収・投資する中、「からだに良い」飲料カテゴリーの重要度は増している。例えばペプシコは2月、新たなスパークリング・ウォーターのブランド「bubly」を発表、12億ドルのスパークリング・ウォーター市場でシェア拡大を目指している。

[原文:Coca-Cola wants to dominate a $7 billion industry with a new type of beverage that's taking over the world (KO)]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい