ワイルド過ぎる? ニューヨークで最新の電気ショック・エクササイズを試してみた

電気ショックセラピー

ニューヨークに初上陸した電気ショックセラピーのスタジオでは、電気による筋肉刺激(EMS)を受けながら行うグループレッスンに挑戦できる。

Hollis Johnson/Business Insider

ニューヨークのアッパー・イースト・サイドに電気ショックセラピーのジムができたと聞いて、これは試してみなければと思った。

流行りのエクササイズと聞くと、筆者はどんなものでも試さずにはいられない。

蒸し暑いスタジオでやるホットヨガ? 灼熱の太陽の下で走るマラソン? 喜んで!

電気ショックセラピーによるトレーニング技術は、有名人の間で数年前から広まっていた。ニューヨークでは初となる、その名も「Shock Therapy」のスタジオでは、電気による筋肉刺激(EMS)のボディースーツを着て行うグループレッスンに挑戦できる。

結論から言えば、EMSを全身で感じながら行うこのワイルドかつ刺激的なエクササイズは、筆者にはまだ早すぎたようだ。30分間のレッスンの様子を写真とともに紹介しよう。


スタジオに到着すると、トレーナーがわたしの着る電気ベストにお湯をかけようとしていた。汗をかく準備はできていた。だが、こんなに早く濡れることになるとは思わなかった!

ベストにお湯をかけるトレーナー

Hollis Johnson/Business Insider

トレーナーに助けてもらいながら、ボディースーツを着た。最初はお湯が温かく感じられたが、すぐに冷えてしまった。

ボディースーツを着る

Hollis Johnson/Business Insider

ちょっと肌寒いけれど、おなかや腕、足、お尻にパッドを装着し、準備が整うと、スーパーヒーローになった気分。

スーパーヒーロー気分でポーズを取る筆者

Hollis Johnson/Business Insider

筆者が挑戦したのは、30分間のトレーニングだ。

準備

Hollis Johnson/Business Insider

トレーナーによると、スタジオの前方にある大きなスクリーンに、動きのお手本が動画で流れるという。あとは目の前の動きを真似するだけ。簡単そうだ。

説明するトレーナー

Hollis Johnson/Business Insider

トレーナーが筆者のボディースーツを一気に「オン」にした。ピリピリするような、むずむずするような……不思議な感覚だ。

不思議な感覚に耐える筆者

Hollis Johnson/Business Insider

痛くはない。でも、これまでに感じたことのない不思議な感覚だ。身体中のあらゆる筋肉に次々と刺激が訪れる。

歯を食いしばる筆者

Hollis Johnson/Business Insider

EMSはレッスン中の動きに合わせてコーディネートされている。スクリーンに映し出されたお手本をできるだけ真似して、EMSとシンクロさせようと努力してみるが、なかなかうまくいかない。

スクリーンに映し出されたお手本

Hollis Johnson/Business Insider

ものすごく汗をかく運動ではない。だが、身体中の筋肉を攻撃されながら動くのは大変だ。

きつそうな表情を浮かべる筆者

Hollis Johnson/Business Insider

電気ショックセラピーの人気は、すでにスーパーモデルやビリオネア、セレブの間で広まっている。トレーナーのウラルさんはトルコの出身で、トルコでは数年前からこうしたエクササイズが行われていると言う。

トレーナーの指導を受ける筆者

Hollis Johnson/Business Insider

レッスンの途中で、トレーナーが身体につけたパッドの刺激を上げようか? と聞いてきた。いや……結構です。十分に刺激的です!

刺激に耐え、身体を動かす

Hollis Johnson/Business Insider

こうした全身のEMSの科学的な効果は、完全には証明されていない。だが、良い効果が期待できそうだという検証結果もいくつか出てきている。

レッスンの様子

Hollis Johnson/Business Insider

また、電気ショックを使ったワークアウトは、スクワットといった特定の動きを強化するとの検証結果もある。だが、健康に良いかどうかの評価は分かれるところだ。

片足立ち

Hollis Johnson/Business Insider

Source: Journal of Sports Science and Medicine

EMSは医療現場でも使われているが、筋肉のリハビリや痛みの緩和といった、より限定的な目的のために利用されてきた。

レッスンの様子

Hollis Johnson/Business Insider

一部の医師は、全身に一度に電気ショックを与えるというアイデアに懸念を抱いている。

トレーナーの動きを真剣に真似する筆者

Hollis Johnson/Business Insider

レッスンの途中で左腕が動かなくなってきた。いよいよきつくなってきた……

5aa1b7093a4f7526008b45c1

Hollis Johnson/Business Insider

上半身を曲げるような動きも辛い。まるでセンサーでもついているかのように、動きに合わせて全身の筋肉に刺激が走る。トレーニングの強度も高く、速く動くのは難しい。

上半身を曲げる

Hollis Johnson/Business Insider

トレーナーによると、このタイプのワークアウトであれば、週に多くて2、3回やれば十分だと言う。

最後の力を振り絞る

Hollis Johnson/Business Insider

30分間全ての筋肉を使うのだ。だからこそ、レッスンの時間は短い。

トレーナーの指導を受ける

Hollis Johnson/Business Insider

30分経てば、終わり。普段のワークアウトよりも短い。だが、十分だ。

レッスンの様子

Hollis Johnson/Business Insider

スタジオを後にするとき、筆者はエネルギーにあふれ、仕事に対するやる気に満ちていた。だが、どうやらそれはわたしに限ったことではないようだ。韓国では6週間このエクササイズを続けた結果、人々は不安や疲れを感じることが減ったという。筆者自身は、定期的に電気ショックを受ける心構えはできていない。だが、刺激的でおもしろかった。

スタジオの入り口

Hollis Johnson/Business Insider

[原文:I tried electric shock therapy —and it was one of the wildest experiences I've ever had in a workout]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み