フェイスブックもヤフーも2100年までに沈むのか

海面上昇の最悪のシナリオでは、フェイスブックのオフィスは2100年までに完全に水浸しになる。

海面上昇の最悪のシナリオでは、フェイスブックのオフィスは2100年までに完全に水浸しになる。

Shayanne Gal/ Business Insider

世界の海面は、海水温の上昇と大陸氷床の融解により急速に上昇している。サンフランシスコ・ベイエリアなどの沿岸地域は、海面上昇の被害を受けることになるだろう。

海面上昇のみならず、サンフランシスコは年間最大10ミリのペースで、ゆっくりと沈みつつある。地盤沈下だ。

迫りくる水は、サンフランシスコに壊滅的な影響を与えるだろう。高級不動産開発地や数多くのテック企業は、移転を余儀なくされる可能性がある。

非営利団体クライミット・セントラル(Climate Central)は、「最悪の」海面上昇がいかに壊滅的なものかを示すグーグル・アース(Google Earth)のプラグインを開発した。データは、アメリカ海洋大気庁(NOAA)の2017年のレポートの予測に基づいている。

クライミット・セントラルの予測によると、サンフランシスコ、シリコンバレー、そしてサンフランシスコ湾一帯は危険な状況になり得る。

クパチーノにあるアップルの新本社は安全だが、フェイスブックなどメンローパークにある企業は完全に水浸し。

気候変動が衰えることなく続いた場合、オフィスが水浸しになるテック企業を見てみよう。

現在のサンフランシスコ。

現在のサンフランシスコ

Google Earth



2100年のサンフランシスコ中心部の予測。最悪のシナリオで海面上昇が起こった場合。

2100年頃のサンフランシスコ(予測図)

Google Earth


LinkedInのサンフランシスコのオフィスはギリギリの位置。スクエア(Square)やTwitterは大丈夫そうだ —— この時点では。

浸水の迫るLinkedIn、スクエア、Twitterのオフィス(予測図)

Google Earth


フェイスブックのメンローパークの本社 —— サンフランシスコの南に位置する。

現在のFacebookのキャンパス

Google Earth


今世紀末までには、完全に水浸しになりそう。

2100年頃のFacebook(予測図)

NOAAの100年予測に基づくFacebook。

Google Earth


何の対策も取らなければ、こうなってしまう。

浸水したFacebook(予測図)

Google Earth


サニーベールにあるヤフーも、フェイスブックと大差なし。

現在のヤフー

Google Earth


本社とその周辺は2100年までに水浸し。

2100年頃のヤフー(予測図)

Google Earth


eBay。

現在のeBay

Google Earth


今世紀末までには、目の前がビーチになるかも。

2100年頃のeBay(予測図)

Google Earth


サンフランシスコ空港とその周辺は、低地のため浸水しやすい。

現在のサンフランシスコ国際空港

Google Earth


良い旅を!

2100年頃のサンフランシスコ国際空港(予測図)

Google Earth


アップルの新本社(中央の大きな輪)は高地にあるため、大丈夫そうだ。

現在のアップル

Google Earth


アドビなどサンノゼにある企業は海岸から離れているため、海面上昇の影響を受けにくい。

現在のアドビ

Google Earth


ニューヨーカーも、侮るなかれ。マンハッタンもしょせん、島。

現在のニューヨーク

Google Earth


Business Insiderのオフィスやスポティファイ(Spotify)の新本社もある金融街も、今世紀末には水浸し。

2100年頃のニューヨーク(予測図)

Google Earth


[原文:Disturbing before-and-after images show how Silicon Valley tech offices could be submerged by 2100

(翻訳:Ito Yasuko/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい