もう疲れた! 仕事中に昼寝をするための「専用クラブ」がニューヨークに登場

電車で寝る人

充電が必要なときもある。

Annie Mole/flickr

  • ニューヨークでは今、昼寝が流行っている。マンハッタンには、10ドル(約1100円)で30分間、昼寝用ポッドを借りることのできる施設が登場した。
  • 昼寝は、心理学的にも生理学的にもさまざまな良い効果をもたらすと考えられている。やる気が増したり、認知機能を高めるとも言われる。
  • しかし、日中に従業員が眠ることに対して、必ずしも全ての企業が肯定的ではない。

街自体は眠らないかもしれない。だが、この街の住人は眠りを求めている。

眠らない街、ニューヨークに最近、24時間営業の昼寝用クラブ「Nap York」がオープンした。

ここでは昼寝をするだけでなく、カフェでのんびりしたり、ヨガ・スタジオでからだを動かしたり、ラウンジで仕事をすることもできる。昼寝用ポッドの利用料は、30分で10ドル。ポッドには好きなだけ滞在できる。

Time Out New Yorkによると、観葉植物であふれ、やわらかな照明が使われているNap Yorkの雰囲気は、平穏そのものだという。

Nap Yorkのマーケティング担当、ステイシー・ヴェロリック(Stacy Veloric)氏はBusiness Insiderの取材に対し、2月にオープンして以来、1000人が同店を利用したと語った。その多くは近隣の会社で働く人たちだが、バスや電車に乗り遅れた人たちが利用することもあるようだ。

日中、睡眠を取るために職場を離れることに罪悪感を抱く人もいるだろう。心理学者のロン・フリードマン(Ron Friedman)氏は以前、Business Insiderに対し、アメリカの職場は必ずしも昼寝に肯定的ではないと語っている

「アメリカでは、生産性は努力の問題だと考えている人が多い。頑張って働けば、生産性が上がると」

だが、フリードマン氏は言う。「実際には、食べ物や水を必要とするのと同じくらい、わたしたちのからだは生物学的に休息を必要としているのです」

仕事中に昼寝をするのが当たり前になる日も近い?

昼寝用ポッド

Nap Yorkの昼寝用ポッド。

Courtesy of Nap York

Business Insiderでは以前、短時間の昼寝がもたらす回復効果を支持する研究が増えていると報じた。30分の昼寝がやる気を増し、認知機能を高め感情をコントロールする助けになることが分かっている。

事実、ハフィントンポストやThrive Globalの創業者で、睡眠の重要性を説くアリアナ・ハフィントン(Arianna Huffington)氏はGillettに対し、職場における昼寝用の部屋は、すぐに「会議室と同じくらい一般的なもの」になるだろうと語っている。

Business Insiderが報じたように、WeWorkの共同創業者ミゲル・マッケルビー(Miguel McKelvey)氏も、コワーキング・スペースに昼寝用ポッドを用意することに前向きだ。

メイヨー・クリニックによると、30分以上昼寝をすると、寝起きが悪くなる可能性があるというが、ヴェロリック氏は、Nap Yorkの利用者の大半は1時間ほど同店に滞在すると話している。ポッドを昼寝ではなく、瞑想に使う利用者もいるという。

Nap Yorkは、その清潔さを最重視している。マットレスには洗濯可能なエアウィーヴ(Airweave)を採用し、枕カバーやブランケットは、利用するたびに交換している。

昼寝に対する需要は思った以上に高いと、ヴェロリック氏は言う。現時点で利用できる昼寝用ポッドの数は7つだが、Nap Yorkでは4月中旬までに30に増やす予定だ。

また、同社はホテルのチェックイン時間までNap Yorkで過ごしたい、夜行便の乗客を迎えに行くシャトルサービスも提供している。

「潮目は変わり始めている」ヴェロリック氏は言う。「人々はセルフケアやウェルネスに本当に関心を持ち始めている。休息を取ることはOKなのだと理解し、自分が疲れていないか注意を払うようになってきた」

[原文:There's a 'club' in midtown Manhattan where tired office workers pay $10 to take a 30-minute nap]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中