メデバック・ブラックホーク —— 負傷者の救助にあたるアメリカ陸軍ヘリに乗ってみた

テキサス州フォートブリスにある、ビグス・アーミー・エアフィールド

Daniel Brown/Business Insider

テキサス州フォートブリスにある広大なビグズ陸軍飛行場(Biggs Army Airfield)は様々な軍用ヘリコプターであふれていた。アパッチチヌーク、そして、ブラックホーク。

シコルスキーが開発したブラックホークは、1978年に初めてアメリカ陸軍のヘリコプターとして導入され、以降、数回のアップグレードが施されている。現在、4000機以上が29カ国で使用されている。うち2135機はアメリカにある。

ブラックホークは極めて汎用性の高い機体で、攻撃の指揮、兵員や物資の輸送、負傷した兵士の救助、指令センターとしての機能などを果たす。

今回は負傷者の救助を行うHH-60Mメデバック(MEDEVAC)・ブラックホークを見てみよう。

アメリカ陸軍は2012年にHH-60Mメデバック・ブラックホークを導入。

HH-60Mメデバック

Daniel Brown/Business Insider

任務は4人体制。操縦士、副操縦士、衛生兵、そして機長。

メデバックのクルーたち

Daniel Brown/Business Insider

最大速度は時速約162マイル(約260キロメートル)。

HH-60Mメデバック

Daniel Brown/Business Insider

航続距離は275海里(約510キロメートル)。

HH-60Mメデバック

Daniel Brown/Business Insider

案内してくれたのはシェーファー機長。機首の下には、タロン(Talon)サーマル・イメージング・システム。

タロンを紹介する機長

Daniel Brown/Business Insider

army-technology.comによると、タロンは「監視、偵察、目標捕捉および追跡、部隊防護、捜索救難(SAR)活動」に使用される。

レスキューホイストは最大9000ポンド(約4100キログラム)を吊り上げることができる。

救助用ホイスト

Daniel Brown/Business Insider

コックピット。4つの多目的ディスプレイが並ぶ。

計器盤に4つの多目的ディスプレイ

Daniel Brown/Business Insider

負傷者を6人、完全武装の兵士なら最大11人を運べる。

患者搬送用のベッド

Daniel Brown/Business Insider

救急キットを搭載。

トラウマ・キット

Daniel Brown/Business Insider

旧型のブラックホークも見せてもらった。指令センターとして使用される機体。

機体の上に登った。

メデバックの上にのぼる機長と記者

Mike Brantley

ローターの上部。

プロペラを上から見たところ

Daniel Brown/Business Insider

エンジンはゼネラル・エレクトリック製T700-GE-701E。

ゼネラル・エレクトリックのエンジン、T700-GE-701E

Daniel Brown/Business Insider

横から見たところ。

エンジンを横から見たところ

Daniel Brown/Business Insider

[原文:We got inside a US Army Black Hawk helicopter — which does everything from transport medics to command wars

(翻訳:Ito Yasuko/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい