アンダーアーマーの株価が低下 —— 同社の売り上げ低迷が、取り扱い店の決算に悪影響とアナリストが警告

ケビン・プランク氏

アンダーアーマーの創業者でCEOのケビン・プランク氏。

Reuters/Steve Marcus

4月2日午前(現地時間)、アンダーアーマーの株価が最大で5%下がった。同ブランドの売り上げの低迷が、ディックス・スポーティング・グッズの決算に影響を及ぼすだろうと、金融街のアナリスト2人が警告した後のことだ。アナリストらは、プライベートブランドがアンダーアーマーに取って代わるだろうと見ている。

モルガン・スタンレーのシメオン・ガットマン(Simeon Gutman)氏とクレディ・スイスのセス・シグマン(Seth Sigman)氏は2日(現地時間)、それぞれが書いた顧客向けのメモの中で、ディックス・スポーティング・グッズの売り上げに占めるアンダーアーマーの売り上げの割合が10%以下に減ったと述べた。2017年は12%だった。

「DKSにとって、こうした国内ブランドは依然として非常に重要である一方で、同社はプライベートブランドに関する大きな計画を持っている。比較的短期間で20億ドル規模、売り上げの20%程度の成長を目指している」クレディ・スイスのシグマン氏は指摘する。

モルガン・スタンレーのガットマン氏は、ディックス・スポーティング・グッズでのアンダーアーマーの売り上げが2017年、11~17%減ったと見ている。

アンダーアーマーをめぐっては、ちょうど2日前に同社の人気アプリ「MyFitnessPal」が「権限のない第三者」によってハッキングされたことを発表していた。ユーザー1億5000万人のユーザーネームやEメールアドレスといった情報が流出したが、支払いの詳細は含まれていないという。

アメリカの金融街ではここしばらく、同社の株に対し、弱気な見方が広がっていた。ブルームバーグの調べによると、アンダーアーマーの株を「買い」と判断していたのは、アナリスト35人中7人のみだ。その目標価格の平均は14.56ドルと、3月30日の終値を10%下回っている。

アンダーアーマーの株価は2018年に入ってから、6.6%上がっている。決算発表は4月26日の見込みだ。

株価チャート

※この画像をクリックすると、最新の株価情報に移ります。

Markets Insider

[原文:Under Armour falls as Wall Street warns of falling sales at one of its biggest distributors (UAA, DKS)]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中