ミレニアル世代が拒否してきたファッションが復活

グッチのロゴ入りTシャツを着たNBAのウィリー・コーリー=ステイン(Willie Cauley-Stein )選手。このTシャツは定番アイテムになった。

グッチのロゴ入りTシャツを着たNBAのウィリー・コーリー=ステイン(Willie Cauley-Stein )選手。このTシャツは定番アイテムになった。

Jerritt Clark/Stringer

  • 派手なロゴが復活した。
  • グッチやカルバン・クラインといったブランドが、ロゴを強調したデザインを復活させ、若者たちが夢中になっている。
  • パイパー・ジャフレーが4月10日(現地時間)に発表した半期ごとの10代の消費動向調査によると、チャンピオンやトミー・フィルフィガーといったロゴを強調したブランドを購入する10代が急増している。

ロゴの復讐が始まった。

かつて、ロゴを強調するファッションは、ミレニアル世代に拒否されたが、今、流行の最先端に戻ってきた。

グッチやカルバン・クラインといったブランドが、ロゴを強調したデザインを復活させ、瞬く間に若者たちを夢中にさせた。投資銀行パイパー・ジャフリー(Piper Jaffray)が4月10日(現地時間)に発表した半期ごとの10代の消費動向調査によると、チャンピオンやトミー・ヒルフィガーといったロゴを強調したブランドを購入する10代が急増している。

このトレンドは90年代ファッションの復活が牽引したもの。例えば、カルバン・クラインは昔のファッションを再発売している。2018年1月、カーダシアン&ジェンナー(Kardashian-Jenner)姉妹を起用した同社の広告キャンペーンでは、ロゴとブランド名が大きく目立っていた。

他のメジャーブランドも後に続いている。直近の決算報告において、ラルフローレン、ゲス、アバクロンビー&フィッチは、ロゴを強調したトレンドに力を入れていると強調した。CNCBが伝えた

「秋コレクション、ホリデーシーズン・コレクションで明らかなように、ロゴやブランドに焦点を当てている。ポロベアのセーター、クレスト・エンブレムやスキー柄など、当ブランドの象徴的なシンボルをあしらったアイテムはベストセラーになった」とラルフローレンのCEOパトリス・ルーベ(Patrice Louvet)氏は2月に語った。

ギャップも同様だ。同社は1月、ロゴをテーマにした服やアクセサリーのコレクション「Archive Reissue - Logo Remix」を発売すると発表した。

ロゴを復活させたブランドを見てみよう。

グッチ:Tシャツ 590ドル

5a7dd666d0307298068b4b52

Gucci


アディダス:Tシャツ 30ドル

5a7dd6f4d03072e6018b4c70

ASOS


ギャップ:パーカー 79ドル95セント

5acd223e146e711e008b4b7f

Gap


リーバイス:Tシャツ 29ドル50セント

5acd22d087826b2f008b4b84

Urban Outfitters


フィラ:Tシャツ 40ドル

5acd2324146e7122008b4af7

Urban Outfitters


トミー・ヒルフィガー:スウェットパンツ 49ドル

5a7dd98dd03072a20e8b4afa

Urban Outfitters


ゲス:ハンドバッグ 74.99ドル

5a7dda7bd0307298068b4b94

Guess

※セール価格

コーチ:クラッチバッグ 295ドル

5a7ddcced0307281028b4c12

Coach


カルバン・クラインは、新作コレクションと広告キャンペーンでロゴとブランド名を前面に押し出した。

5a662195a24444ff3b8b4cd1

Facebook/Calvin Klein

出典:Business Insider

[原文:Abercrombie & Fitch, Adidas, and Gap are resuscitating a trend that millennials have rejected for years

(翻訳:Setsuko Frey、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中