世界最長の中国高速鉄道網がさらに拡大 —— だが香港の自治を脅かすのか

西九龍駅

完成間近な西九龍駅の完成予想図。

MTR Corporation

全長1万5500マイル(約2万5000キロメートル)、中国の高速鉄道網は世界最長。世界2位のスペインの高速鉄道網が全長1926マイルということを考えると、その飛び抜けた規模がよく分かる。

しかし2018年末までに、中国は高速鉄道網をさらに延長する。

国有の鉄道企業、中国鉄路総公司は、全長80マイル以上の広深港高速鉄道(Guangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express Rail Link)の最後の部分をまもなく完成させる。香港で建設中の広さ400万平方フィート(約37万平方メートル)の巨大駅が完成間近と香港フリープレスが報じた

7年の歳月と107億ドル(約1兆1500億円)を費やした壮大なプロジェクトだが、運賃の問題や工事の遅れ、そして香港の自治への影響など、様々な問題に直面してきた。

広深港高速鉄道は、広州、深セン、香港の88.2マイル(約142キロメートル)を結ぶ。

広深港高速鉄道

Arup

建設は2011年に始まり、路線の大部分はすでに開通している。China Dailyによると、香港の最後の工事区間は約16マイル(約26キロメートル)。

Vibrant Express(動感号)と名付けられた列車の最高速度は時速217マイル(約350キロメートル)。電源とwi-fiを完備。

Vibrant Express

Reuters

出典:The Hong Free Press

香港と広州を1時間以下で結ぶ。在来線なら約2時間かかる。

中国高速鉄道_車内

Reuters


すでに開通している全長1万5500マイル、世界最長の高速鉄道網とつながる。

中国高速鉄道

Reuters


全通すると7つの駅を経由する。

西九龍駅

西九龍駅の完成予想図。

MTR Corporation


西九龍駅だけが建設中で、2018年中に開業する見込み。画像は、完成予想図。

西九龍駅

西九龍駅の完成予想図。

MTR Corporation


16マイル(約26キロメートル)は地下。

香港市内

Laing O’Rourke/MTR Corporation


香港での地下トンネルの建設風景。

中国高速鉄道_トンネル

MTR Corporation


壮大なプロジェクトだが、問題も多かった。

中国高速鉄道

Reuters


2018年はじめ、中国鉄路総公司は香港から広州までの運賃を33ドルと発表、低所得層が利用するには高すぎるとの懸念が生まれた。

西九龍駅

建設中の西九龍駅。

Reuters

出典:South China Morning Post

さらに大規模な建設工事は、度重なる遅延や予算超過に悩まされた。

西九龍駅

Reuters

出典:South China Morning Post

CityLabはまた、今回の事業の裏に中国政府の意図が隠されているという香港の民主化運動活動家の懸念を伝えた。

西九龍駅

Reuters

出典:CityLab

2017年、ニューヨーク・タイムズのコラムで政治評論家のLian Yi-Zheng氏は、鉄道によって中国は「1国2制度」によって保たれてきた香港の高度な自治を弱体化させようとしていると述べた。

中国高速鉄道

AP

出典:The New York Times

同氏や他の評論家は、駅とともに西九龍地区に出入境管理所が作られることを問題視している。この施設は中国の法律が適応されるため、香港の政治的自由の制限につながる恐れがある。

西九龍駅

西九龍駅の完成予想図。

MTR Corporation


広深港高速鉄道は人の動きを大きく変えるだろう。

中国高速鉄道

MTR Corporation


2020年までに、中国は高速鉄道網を1万8600マイルまで拡大し、国内の主要都市を結ぶ予定。

西九龍駅

AP


[原文:China's 'bullet train' network is the largest in the world — and it's about to get even bigger

(翻訳:忍足 亜輝、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み