中国、南シナ海で最大規模の海上軍事パレード —— 空母「遼寧」、核ミサイルを搭載した原潜などが参加


パレードを閲兵する習近平主席

Screenshot/CGTN

4月12日、中国の習近平主席が南シナ海で行われた同国史上最大規模の海上軍事パレードを閲兵した。ロイターが伝えた

中国国営中央テレビによると、パレードには1万人以上の兵士、数十の艦艇や航空機が參加した。

習主席は兵士に対して、中国にとって、世界トップレベルの海軍を持つことが「今日ほど差し迫ったことはない」と述べ、党に対する永遠の忠誠心を求めたとロイターは伝えた。

中国の人民解放軍は世界最大規模の軍隊。現在、兵力の近代化を進め、最新の技術や装備の充実に注力、周辺諸国には危惧が広がっている。

パレードの様子を見てみよう。

48隻の艦艇が参加。

48隻の艦艇が参加。

Screenshot/CNR


潜水艦。

潜水艦

Screenshot/CCTV


同国初の空母「遼寧」。

遼寧

Screenshot/CGTN


76機の航空機。

76機の航空機。

Screenshot/CGTN


J-15(殲15)。

J-15(殲15)

Screenshot/CGTN


ヘリコプター。

ヘリコプター。

Screenshot/CGTN


習主席は駆逐艦「長沙」に乗艦。

習主席は駆逐艦「長沙」に。

Screenshot/CGTN


4機のJ-15が遼寧から発艦する様子を確認。

4機のJ-15が遼寧から発艦。

Screenshot/CGTN


習主席は党に対する永遠の忠誠心を求めた。

習近平主席

Screenshot/CGTN


中国国営中央テレビの映像。


[原文:China parades aircraft carrier, nuclear submarines through the South China Sea in a massive show of force

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中