はちみつをかけたベイクドチーズや、魚醤をかけたナッツ? ファストフードの歴史は古代ローマにあった

大昔のファストフード

裕福なローマ人たちはこうしたファストフードをバカにしていたが、実際に訪れる人もいた。

Porojnicu Stelian/Shutterstock, Peter Lorimer/Shutterstock

  • ファストフード は新しい発明などではない。形は異なれど、それは何百年も前からあった。
  • 古代ローマには、「テルモポリウム(thermopolium)」と呼ばれるファストフードがあった。
  • これらの飲食店の評判は悪かったが、古代ローマの貧しい人々に早くて安い食事を提供していた。

ファストフードの歴史は長い。

古代の人々も、気軽に立ち寄れて、温かい食事が手に入る場所を求めていた。古代ローマ人にとっては、それが「テルモポリウム」 —— 「温かい飲み物が売られている場所」を意味する —— だ。

歴史研究家で『Food and Drink in Antiquity: A Sourcebook: Readings from the Graeco-Roman World』の著者ジョン・ドナヒュー(John Donahue)氏は、これらのレストランは「現代のファストフードに相当する」ものだという。

大半の店は小さな部屋の外で営業していて、店内には大きなカウンターがあった。中には小さな飲食スペースが設けられた店もあったが、テルモポリウムの基本的な機能はテイクアウトの食べ物を売ることだった。

多くのローマ人が自宅で食事を用意する時間も手段も持たなかったため、こうしたあちこちにある飲食店が頼りだった。

古代のファストフード店を見てみよう。


店の調理台には、「ドリア(dolia)」と呼ばれるかめが埋め込まれていた。これらのかめの中には乾燥させた食べ物や冷たい食べ物が入っていて、客はそのまま受け取ったり、温めてもらっていた。温かい食事は小さめのつぼに入れられていた。

調理台

Porojnicu Stelian/Shutterstock

Source: "The World of Ancient Rome," "Food and Drink in Antiquity: A Sourcebook: Readings from the Graeco-Roman World"

中には他の店に比べ、見た目にこだわった店もあった。BBCは、多くのテルモポリウムで「裏の部屋に装飾が施されていて、ダイニングルームとして機能していた可能性がある」と報じている。

装飾

Wikimedia Commons

Source: BBC

だが、歴史研究家のジェームス・アーマティンガー(James Ermatinger)氏は、大半のテルモポリウムが「座ってというより、歩きながら食べられるよう用意された」食べ物を売っていたと書いている。

テルモポリウム

Wikimedia Commons

Source: "The World of Ancient Rome"

「家族は一緒に食卓を囲むべきだ、そうでない家庭は崩壊している可能性があるといった考えは、古代ローマにはなかった」『The Insula of the Menander at Pompeii』の著者ペネロペ・アリソン(Penelope Allison)氏はオーストラリア放送協会に語った。

遺跡

BlackMac/Shutterstock

Source: "The Insula of the Menander at Pompeii," Australian Broadcasting Corporation

では、どんなメニューがあったのだろうか? ドナヒュー氏によると、レンズ豆、肉、チーズ、「カリダ(calida)」と呼ばれる温かいスパイスの効いたワインが定番だった。

メニュー

Peter Lorimer/Shutterstock

Source: "Food and Drink in Antiquity: A Sourcebook: Readings from the Graeco-Roman World"

「ガルム(garum)」と呼ばれる魚醤とナッツは、手軽なおやつとして人気だったとアーマティンガー氏は書いている。Atlas Obscuraによると、たっぷりのはちみつをかけたベイクドチーズも売られていたようだ。

魚

john dory/Shutterstock

Source: Atlas Obscura, "The World of Ancient Rome"

ただ、テルモポリウム以外のタイプの飲食店もあった。歴史研究家のキャロル・B・ウィルソン(Carol B. Wilson)氏によると、「タベルナ(taberna)」といったレストランとバーを組み合わせたような飲食店や、「ポピナ(popina)」といった大衆食堂のような飲食店があった。

テルモポリウム

Alvaro German Vilela/Shutterstock

Source: "For I Was Hungry and You Gave Me Food: Pragmatics of Food Access in the Gospel of Matthew"

ただ、歴史研究家のスティーブン・J・R・エリス(Steven J. R. Ellis)氏は、「テルモポリウム」という言葉は古代ローマではほとんど使われていなかったと指摘する。こうした呼び方は互いに置き換え可能だったようだ。

遺跡

Wikimedia Commons

Source: "The Roman Retail Revolution: The Socio-Economic World of the Taberna"

現代のファストフード・レストランのように、テルモポリウムは至るところにあった。Atlas Obscuraによると、火山の噴火によって街が消滅するまで、ポンペイには150のテルモポリウムがあったという。

テルモポリウム

Becks/Flickr

Source: Atlas Obscura

都市部を中心に数多くのレストランが存在したことは、便利な飲食店に対する需要の高さを表している。大半の貧しい人々や、台所のまずないアパート住まいのローマ人にとって、自炊は選択肢になかった。

調理場

eFesenko/Shutterstock

Source "Food and Drink in Antiquity: A Sourcebook: Readings from the Graeco-Roman World," "The World of Ancient Rome"

アーマティンガー氏は、裕福なローマ人たちはこうした飲食店をしばしば「軽蔑」していたと書いている。しかし、ウィルソン氏によると、裕福な人々の中にもテルモポリウムに立ち寄り、食事を取る人もいたという。

遺跡

isafmt/Flickr

Source: "The World of Ancient Rome," "For I Was Hungry and You Gave Me Food: Pragmatics of Food Access in the Gospel of Matthew"

テルモポリウムの評判は良くなかった。ウィルソン氏によると、客はギャンブルや飲み比べをすることもあったという。

隅に置かれたつぼ

DHReeves/Shutterstock

Source: "For I Was Hungry and You Gave Me Food: Pragmatics of Food Access in the Gospel of Matthew"

古代ローマの劇作家プラウトゥスは、盗みを働いた人間がしばしばテルモポリウムで飲んでいるのを見たと書いている。「彼らは何かを盗むと、頭を隠したまま温かい飲み物を飲んでいた」

遺跡

By Alvaro German Vilela/Shutterstock

Source: "The Roman Retail Revolution: The Socio-Economic World of the Taberna," University of Chicago

ドナヒュー氏によると、プラウトゥスはテルモポリウムを「身分の低いギリシャ人の集う場所」とも見なしていた。

テルモポリウム

Francesca Sciarra/Shutterstock

Source: "Food and Drink in Antiquity: A Sourcebook: Readings from the Graeco-Roman World"

こうしたことから、権力者は時々テルモポリウムを取り締まっていた。シカゴ大学のブログで、ジェームズ・グラウト(James Grout)氏は、古代ローマの歴史家ディオが、皇帝カリグラが湯を売った男性を死刑にしたと主張していたと書いている。こうした動きは、テルモポリウムに大きな影響を与えただろう。

テルモポリウムの外観

EyeSeeMicrostock/Shutterstock

Source: University of Chicago

同氏はまた、皇帝クラウディウスが「かつてこうした場所は全て閉店せよと命じた」とも書いている。

テルモポリウム

Colin Wing/Flickr

Source: University of Chicago

皇帝クラウディウスはまた、「茹でた肉や温かい水は販売すべきでないと命じ、従わない人間に罰を与えた」とディオは書いている。こうしたやり方は飲食店に打撃を与えただろう。

遺跡

Alvaro German Vilela/Shutterstock

Source: University of Chicago, University of Chicago

ドナヒュー氏は、皇帝の命令は「公共の秩序に関する不安が、皇帝にとって現実的な懸念材料」であったことを示すものだと言う。

皇帝クラウディウス

皇帝クラウディウス。

Wikimedia Commons

ource: "Food and Drink in Antiquity: A Sourcebook: Readings from the Graeco-Roman World"

それでもアーマティンガー氏は、こうしたファストフード・レストランが「都市に暮らす人々に、早くて温かい食事を手に入れる機会を提供した」と結論付けている。

古代ローマ

Wikimedia Commons

Source: "The World of Ancient Rome"

[原文:Fast food has existed since ancient Rome — where restaurants sold fish sauce and baked cheese and narrowly survived two emperors]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中