電動シェアスターターがサンフランシスコで大人気 —— だが急増ゆえの問題も

「バード」の電動シェアスクーターがサンフランシスコで大人気。

「バード」の電動シェアスクーターがサンフランシスコで大人気。

Bird app screenshot and Kaylee Fagan/Business Insider

電動シェアスクーターのシェアサービス「バード(Bird)」は1億1500万ドル(約123億円)を調達し、サンフランシスコの通りや歩道を埋め尽くしている。

ユーザーはスマートフォンのアプリで近くにある電動シェアスクーターを予約、料金は安価なうえ、好きな場所で乗り捨てできる。その結果、サンフランシスコのあちこちにスクーターが放置されることになった。

同社はウーバーとリフトで役員を務めた人物が創業、全米展開を目指している。だが同社の急成長にはハードルもある。

4月はじめ、同社はサンフランシスコ市当局がサービスの中止を目論んでいるとのプレスリリースを発表。一方、同市のスーパーバイザーは同社の主張を否定した。

筆者も毎日の通勤途中で、数十台の電動シェアスクーターを見かける。借りて、乗ってみることにした。

鳥(バード)がサンフランシスコにやってきた。人々の思いは複雑。

ヒッチコックの「鳥」

ヒッチコック監督の「鳥」のワンシーン。

Universal Pictures


「数週間前、電動シェアスクーターなど見かけなかった。だが今は、ビルから出た時にスクーターに足をぶつけない日はない」とグーグル・ベンチャーズのゼネラル・パートナーはツイートした。

バードの電動スクーター

Bird


本当の話だ。スタートアップ3社、バード(Bird)、ライム(Lime)、スピン(Spin)がサンフランシスコの中心街で電動シェアスクーターのサービスを開始。電動シェアスクーターは合計数百台、あらゆる場所にある。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider


称賛する人もいる。安価で手軽な移動手段となり、車への依存や公共交通の混雑を減らすから。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider




反対意見の人もいる。電動シェアスクーターが増え、歩道に放置されるようになったから。電動シェアスターターは、電動バイクのシェアサービスと違ってドッキングステーションを使わない。



問題がありそうだ。とにかく試してみることにした。

ヒッチコックの「鳥」

Universal Pictures


オフィスの外に出ると、ビルの前にバードの電動シェアスクーターが3台あった。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider


実際のところ、乗るのは楽しそうに思えた。子どもの頃に乗ったキックスクーターみたいなもの。だがこれにはモーターとバッテリーが付いている。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider



最高速度は時速約24キロ。ちなみにウーバーの電動シェア自転車JUMPは時速約31キロ。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider


アプリをダウンロードしてログインすると、近くにある電動シェアスクーターの位置がマップに表示される。ズームインすると、充電残量などの詳細をチェックできる。

バードの電動スクーター

Bird app screenshot


近くの電動シェアスターターを見つけたら、アプリのアンロックボダンをタップ。次にアプリでスクーターのQRコードと運転免許書をスキャンする。

バードの電動スクーター

Bird app screenshot


料金はアンロックに1ドル、1分ごとに15セント。乗ってみよう!

バードの電動スクーター

ちなみに靴は「Allbirds」、サンフランシスコで人気のブランド。

Kaylee Fagan/Business Insider


スタートする時は、足で地面を3回キックして進み、親指でスロットルボタンを押す。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider


こんな感じ。


アクセルは右、ブレーキは左。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider


軽く操作できる。最初は多少ふらつくが、加速すると安定する。人通りの少ない路地で助かった。

バードの電動スクーター

Kaylee Fagan/Business Insider


すぐに夢中になった。速くて、楽しくて、簡単。でも角を曲がるのは難しかったので、ブレーキをかけ、足で漕いで進んだ。

バードの電動スクーター

Kaylee Fagan/Business Insider


舗装がでこぼこだったり、砂利になっているような工事中の場所も、氷の上を滑るように進んだ。幅広のタイヤで、乗り心地はスムーズかつ快適。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider


幅は筆者の足には十分だったが、男性には狭そう。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider


注意書きもあった。ヘルメット着用、18歳以上、運転免許、2人乗りは禁止。

バードの電動スクーター

Melia Robinson/Business Insider


ヘルメットを持っていなかったので、路地から出なかった。バーズはユーザーに無料でヘルメットを渡している。筆者も申し込んだ。

バードの電動スクーター

Kaylee Fagan/Business Insider

ヘルメットは送料が1ドルかかる。

乗り終わったら、アプリを開き、ボタンをタップしてスクーターをロックする。乗車時間は13分、料金は2ドル95セント。いつものウーバーよりずっと安い。

シェアスクーターがサンフランシスコで大人気 —— 急増ゆえの問題も浮上

Bird app screenshot and Kaylee Fagan/Business Insider


試してみて、渋滞していても、電動シェアスターターで行けることが分かった。


電動シェアスターターはまだ少し迷惑だと思うか? イエス。市はスクーターを置いていい場所や台数についての規制を定めると思う。


放置を防ぐために、バードは夜間にすべてのスクーターを回収すると約束した。同社の従業員および「チャージャーズ」と呼ばれる業者が、スクーターを回収し充電して、翌日、利用が予想される場所に配置する。

進め!

バードの電動スクーター

Bird


[原文:An ex-Uber employee is littering the streets of San Francisco with scooters that people can rent and toss anywhere — here's how they work

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい