ベーシックインカムは、2030年代までに全世界に広がる —— グーグルの未来学者が予測

レイ・カーツワイル氏

Tech Insider

  • グーグルの未来学者でエンジニアリング・ディレクター、レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)氏は、ベーシックインカムは2030年代までに広く普及すると見ている。
  • カーツワイル氏は、驚くような予測をすることで知られている。同氏は2016年、医療技術が2029年までに人間の平均寿命を毎年1年ずつ伸ばすだろうと予測した
  • 「わたしたちは、物理的な肉体を維持できるだけのより力のある技術を手に入れるだろう。そして『わお! 2018年に戻ったら、からだは1人に1つで、意識ファイルのバックアップもできないのか』と考えるようになるだろう」同氏はTEDのステージで述べた。

人工知能(AI)が今後、多くの人間の仕事を奪うであろうことが明らかになるにつれ、政治家や非営利組織の活動家、シリコンバレーの起業家たちは誰もが働くことのできない、働く必要のない世界にどう向き合うか考え始めている。

生きるために必要なお金を、使い道を限定することなく人々に定期的に与えるベーシックインカムの社会実験は、ヨーロッパやアフリカ、北米の各地で進められている

2018年のTEDカンファレンスで、未来学者のレイ・カーツワイル氏は「無料の」お金について大胆な予測を披露した。「2030年代初めには、世界の先進国で、2030年代終盤には全世界でユニバーサル・ベーシックインカムが導入されるだろう。これにより、人々の生活はよくなるだろう。ただ、懸念材料は意味と目的だ」カーツワイル氏はステージ上で述べた。

このタイムラインが同氏の考える、AIがチューリングテストに合格する時期 —— 人工知能と人間の知能の差を識別することが難しくなるとき —— と一致しているのは、偶然ではない。この段階に達すれば、人間の雇用は著しく減少する可能性がある。

カーツワイル氏は、驚くような予測をすることで知られている。2016年、同氏は2029年までに医療技術が人間の平均寿命を毎年1年ずつ伸ばすだろうと予測している

「わたしたちは、物理的な肉体を維持できるだけのより力のある技術を手に入れるだろう。そして『わお! 2018年に戻ったら、からだは1人に1つで、意識ファイルのバックアップもできないのか』と考えるようになるだろう」同氏はTEDのステージで述べた。

ただ、ベーシックインカムの最大のハードルは、テクノロジーではない。政治意思だ。自治体レベルでの導入も、少なくともゆっくりとは進んでいる

[原文:Google futurist and director of engineering: Basic income will spread worldwide by the 2030s]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい