チャートで見る、過去150年間の主要な技術革新と生産性の変化

初代iPhoneを手にするスティーブ・ジョブズ元アップルCEO

初代iPhoneを手にするスティーブ・ジョブズ元アップルCEO。現代における飛躍的進歩の1つだ。

REUTERS/Alessia Pierdomenico

  • 1760年以降、生産性は30倍近く上がった。
  • それは、電気や電話、インターネットといった技術革新によるところが大きい。
  • バークレイズは最新の「Equity Gilt Study」で、世界の生産性向上の歴史をまとめている。

人類はイノベーションに次ぐイノベーションによって、常に前進している。生活の質を向上させながら。

今日に至るまでの直近の150年間は、歴史上最も目覚ましい技術的進歩が見られた時代だ。電気、自動車、プラスチック、電話、テレビ……これらはいずれも登場から150年経っていない。そして、インターネットのようなより新しいイノベーションは、これまでにないほどの急速な発展をもたらした。

技術的進歩は、労働者が1日にこなせる仕事量を増やし、生産性を飛躍的に向上させた。それが生産量を増加させ、経済的な成長へとつながった。

バークレイズが年に1度出している、金融・経済分野で重要だと考えるトピックについてまとめた報告書「Equity Gilt Study」の最新版を見ると、同社が新たなテクノロジー、中でも仮想通貨と人工知能(AI)に注目していることが分かる。

報告書の中で同社は、過去150年間で生産性と生産量がどのように向上してきたか、その間に登場した主要なイノベーションと合わせて詳しく述べている。

1760年から今日までのイギリスとアメリカの1時間あたりの生産量を、1760年を100として算出すると、2018年の生産性は3000前後になるとバークレイズはいう。

生産性の向上を示すチャートと、主要なイノベーションをまとめたチャートは以下のとおり。

生産性の向上を示すチャート

Barclays

主要なイノベーションをまとめたチャート

Barclays

[原文:This chart shows every major technological innovation in the last 150 years — and how they have changed the way we work]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み