プログラミングに3年 —— 面倒なイケア家具の組み立て、ロボットが20分で完了

イケアの家具を組み立てるロボット

イケアの家具を組み立てるシンガポールの南洋理工大学のロボット。2018年4月17日。

Reuters/NTU

  • シンガポールの研究者たちが、イケアの家具を組み立てられるようロボットをプログラミング。
  • ロボットは約20分で完璧にイケアの椅子を組み立てた。

2台のロボットは、多くの人が嫌がる作業をマスターした。イケアの家具の組み立てだ。

シンガポールの南洋理工大学のチームは、2台のロボットをプログラミング。ロボットは約20分で、イケアが25ドルで販売している椅子「ステーファン」を組み立てた。

ロイターによると、研究者たちは3年をかけてロボットが自動的に部品を選び、つかんで、ボルトでつなぐようプログラミングした。

アーム、グリッパー、センサー、3Dカメラで構成されたロボットは、組み立て前に部品を3秒で適切な位置に置いた。

イケアの家具の組み立ては、ストレスフルな作業と言われ、ときにパートナーとの喧嘩の原因になる。だがAIのおかげで、過去のものになりそうだ。

[原文:Robots have mastered the miserable task of assembling Ikea furniture — and they can do it in 20 minutes

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み