大気汚染による死亡率が高い国、ワースト13

12位 北朝鮮

Reuters

世界の人口の圧倒的多数が、汚染された空気を吸って生活している。世界の大気汚染の情報などを提供する「ステイト・オブ・ グローバル・エア(State of Global Air)」の最新の報告書が伝えた

PM2.5とは、大気中を浮遊している2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質のこと。エンジンなど、様々な燃焼活動から生じる。

同報告書は、2016年の各国における大気汚染に起因する死亡者数および死亡率も記載されている。

大気汚染による死亡率が高い国、ワースト13を見てみよう。

13位 コートジボワール

13位 コートジボワール

コートジボワールの西部にある伝統的な木炭工場で働く男性。2008年9月25日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:248人(2016年、以下同)

総死亡者数:2万3700人(2016年、以下同)

出典:State of Global Air


12位 北朝鮮

12位 北朝鮮

ビルの建設現場。平壌。2017年4月12日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:249人

総死亡者数:5万6100人

出典:State of Global Air

11位 トーゴ

11位 トーゴ

押収された大麻を燃やす警察官。2008年6月28日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:250人

総死亡者数:6800人

出典:State of Global Air

10位 ソロモン諸島

10位 ソロモン諸島

汚染されたビーチで釣りをする子どもたち。2012年9月14。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:250人

総死亡者数:700人

出典:State of Global Air

9位 チャド

9位 チャド

レンガを作るための土を工場に運ぶ労働者たち。首都ンジャメナの郊外。2008年5月31日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:252人

総死亡者数:1万7100人

出典:State of Global Air

8位 シエラレオネ

8位 シエラレオネ

首都フリータウン。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:261人

総死亡者数:7200人

出典:State of Global Air

7位 ソマリア

7位 ソマリア

港に向かう漁船。首都モガディシュ付近の海。2016年11月4日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:265人

総死亡者数:1万2200人

出典:State of Global Air

6位 ギニア

6位 ギニア

ごみを漁る子どもたち。2012年1月28日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:265人

総死亡者数:1万5200人

出典:State of Global Air

5位 ニジェール

5位 ニジェール

ニジェール川河口に作られた違法原油精製所。2010年7月7日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:267人

総死亡者数:2万3500人

出典:State of Global Air

4位 ギニアビサウ

4位 ギニアビサウ

伐採された森林。2014年時4月15日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:317人

総死亡者数:2500人

出典:State of Global Air


3位 中央アフリカ共和国

3位 中央アフリカ共和国

ルワンダから派遣された国連部隊が街をパトロール。2016年2月。

Associated Press

10万人あたりの死亡者数:320人

総死亡者数:8600人

出典:State of Global Air

2位 パプアニューギニア

2位 パプアニューギニア

エクソンモービルの天然ガス工場。2018年3月1日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:322人

総死亡者数:1万1300人

出典:State of Global Air

1位 アフガニスタン

1位 アフガニスタン

レンガ工場から、料理や暖房に使う石炭を運ぶ少女。2013年12月17日。

Reuters

10万人あたりの死亡者数:406人

総死亡者数:5万1700人

出典:State of Global Air


中国とアメリカは世界の2大CO2排出国だが、10万人あたりの死亡者数はかなり少ない。中国は117人、アメリカは21人。

一方、総死亡者数は中国は157万6600人、アメリカは10万5100人。

[原文:The 13 countries with the highest death rates from air pollution

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中