米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」は、なぜ世界最強なのか

グリーンベレー

Special Operations Command

彼らは、世界最強のエリート部隊の1つ。敵国に忍び込み、ゲリラ勢力を訓練し、指揮する。

アメリカ陸軍特殊部隊は、一般に「グリーンベレー」の名前で知られている。だが、彼らは自分たちを「静かなるプロフェッショナル」と称している。

1チームは12人、「Aチーム」と呼ばれ、それぞれのメンバーが専門技能を持つ。

士官が指揮官を務め、兵器専門の軍曹は世界のあらゆる武器について精通し、通信専門の軍曹は機器の手配や情報収集を行う。

そして衛生兵は仲間の命を救うのと同じくらい素早く、敵の命を奪うことができる。

見てみよう。

グリーンベレーは現代戦における並外れた能力とプロフェッショナリズムで知られている。

グリーンベレー

Department of Defense

911のわずか1カ月後には、CIAとともにアフガニスタンに降り立った。

グリーンベレー

Department of Defense

北部同盟と関係を築き、ハーミド・カルザイ(Hamid Karzai)をカーブルに迎え入れた。

アフガニスタンにて。グリーンベレー。

US Army

アフガニスタン紛争当初は馬を使った。

馬に乗るグリーンベレー

Wikimedia Commons

ATV(All Terrain Vehicle:四輪バギー)も使った。

四輪バギーに乗るグリーンベレー

Department of Defense

恐れられると同時に尊敬されている。

グリーンベレー

US Army

しかし、誰もがグリーンベレーになれるわけではない。

グリーンベレー

US Army

2017年6月29日、ワシントン州ルイス・マッコード合同基地での訓練で、銃のエレベーション(仰角)を調整し、照準を合わせるグリーンベレーの隊員。市街地を模したリアルな環境で、ストレスのかかる訓練を行うことで技術を磨く。

陸軍は、特殊部隊評価選抜(SFAS:Special Forces Assessment and Selection)を受けた優秀な兵士の中から、さらに優秀な兵士を選抜する。

グリーンベレー

US Army

体力はもちろん、

グリーンベレー

Wikimedia Commons

並外れた忍耐力と精神力が求められる。

グリーンベレー

Special Operations Command

SFASは24日間のみ。その後、1年間の訓練に進む。

グリーンベレー

Special Operations Command

1年間で語学(すべての隊員が第二言語を学ぶ)、武器や通信などの専門技能の訓練を受け、ロビンセージと呼ばれる最終訓練に臨む。

グリーンベレー

Special Operations Command

そして、初めてグリーンベレーを被り、

グリーンベレー

US Army

「ロングタブ」と呼ばれる特殊部隊のワッペンをつける。だが、これはグリーンベレーとしてのキャリアの始まりにすぎない。

グリーンベレー

US Army

配属後されると、12人のチーム内での訓練が始まる。

グリーンベレー

Wikimedia Commons

高高度降下低高度開傘(HALO:High Altitude Low Opening)訓練もある。

グリーンベレー

Department of Defense


酸素マスクを装着して、

グリーンベレー

US Army

高度3万フィート(約9100メートル)から降下。

グリーンベレー

US Army

突入訓練。

グリーンベレー

DVIDS

第10特殊部隊グループ。ドイツ・シュトゥットガルト近郊で行われた特殊部隊上級都市型戦闘(SFAUC:Special Forces Advanced Urban Combat)訓練にて。2017年11月16日。

グリーンベレーは近接戦闘(CQB:Close Quarters Battle)と呼ぶ。

近接戦闘訓練を行うグリーンベレー

Department of Defense

目的は、入口を可能な限り早く通り抜け、

グリーンベレー

Department of Defense

猛烈な銃撃で敵を制圧すること。

グリーンベレー

Department of Defense

もちろん、わずか数秒で。

グリーンベレー

Special Operations Command

水に潜るのはネイビーシールズだけではない。

グリーンベレー

Wikimedia Commons

グリーンベレーには独自のダイビングスクールがある。

グリーンベレー

US Army/Sgt. Edward French IV

第3特殊部隊グループの隊員と海兵隊特殊作戦コマンドの隊員。2015年5月26日、ヨルダンで行われた「イーガーライオン演習」で全閉鎖式リブリーザーを使って紅海を進む。

冬季訓練もある。

グリーンベレー冬季訓練

DVIDS

第10特殊部隊グループの隊員。2018年3月16日、フィンランドのロヴァニエミで行われた実弾射撃訓練で援護射撃を行う。

つまり、あらゆる訓練は、通常とは異なる戦闘のプロとしての使命を果たすためのもの。

グリーンベレー

DVIDS

ドアを蹴破ったり、敵を追跡するといった直接的な行動や、

グリーンベレー

Department of Defense

外国政府の自国防衛の支援、

グリーンベレー

DVIDS

第3特殊部隊グループの隊員。2018年4月13日、ニジェール・タウア州で行われた演習「フリントロック2018」で、セネガル人兵士を訓練。

戦闘訓練の支援などが含まれる。

グリーンベレー

US Army

グリーンベレーについて、間違いなく言えることは、

グリーンベレー

US Army

最高の小型兵器と、

グリーンベレー

US Army

大型の兵器を備え、

グリーンベレー

Wikimedia Commons

軍の中でも最高の技能を持った狙撃兵であり、

グリーンベレー

Special Operations Command

極めて正確、かつ素早く射撃できること。たとえ、自分が狙われているときでも。

グリーンベレー

DVIDS

そして彼らは、クールな装備を持っている。

グリーンベレー

Special Operations Command

ハンヴィー(高機動多用途装輪車両)から、

ハンヴィー

Special Operations Command

ヘルメットまで。

グリーンベレー

Wikimedia Commons

また、世界で最も優秀なヘリコプター・パイロットに支援されている。

グリーンベレー

Wikimedia Commons

グリーンベレーでは、犬さえもエリート。

グリーンベレーと犬

Reuters

ここ数年、戦闘に参加することが増えている。

グリーンベレー

DVIDS

アフガニスタン、

グリーンベレー

DVIDS

シリア、

グリーンベレー

Screenshot/Twitter via @jenanmoussa


そして、これからも真っ先に戦地に赴くだろう。

グリーンベレー

DVIDS

グリーンベレーのモットー「De Oppresso Liber(抑圧からの解放)」に応えるために。

グリーンベレー

Special Operations Command

[原文:Why Green Berets are the smartest, most lethal fighters in the world

(翻訳:R. Yamaguchi、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい