30秒で自分を売り込み、相手に印象を残す方法

30秒で自分を売り込み、相手に印象を残す方法

エレベーターピッチは意外と難しい。

Sebastiaan ter Burg/Flickr

  • 誰か新しい人に出会ったときに、自分を素早く、効果的に売り込むことは大切なこと。しかし、しっかりとしたエレベーターピッチを練り上げ、伝えるのは意外と難しい。
  • マーケティング・ストラテジストのドリー・クラーク氏に自分を売り込むコツを教えてもらった。
  • クラーク氏は、可能な限り相手に合わせて内容を変えること、台本にとらわれないことを勧めた。

「最高のエレベーターピッチは、エレベーターピッチのように聞こえない」とクラーク氏。

「会話のようだ」

ドリー・クラーク(Dorie Clark)氏はマーケティング・ストラテジストで、デューク大学のビジネススクールの経営学客員教授、著書も複数ある。最新刊は『Entrepreneurial You』。

クラーク氏によると、誰かに自分のことを語る目的は、ただ単純に「会話の口火を切ること」。あなたの人生やキャリアの詳細を詰め込む必要はない。それらはあとから自然とついて来る。

しっかりとしたエレベーターピッチを練り上げ、伝える、つまり「自分を売り込む」にはどうすれば良いのか。クラーク氏のベストアドバイスを見てみよう。

相手のことを考え、内容を調整する

聞き手のことを考え、内容を相手に合わせて調整しよう。

jim simonson/flickr

就職活動を考えた場合、全ての志望企業に全く同じ内容の履歴書を送ったりはしないはず。エレベーターピッチも同じ。可能な限り相手に合わせてパーソナライズすべき。

「何が相手の心に響くかを考えることができれば、人とより良質で深いつながりを築くことができる」とクラーク氏。

例えば、相手が今、金融業界で働いていて、あなたも過去に金融業界で働いていたとしよう。その場合は、金融業界での経験が現在の仕事の基礎となっていることなどを話して、会話を始めると良い。

売り込みは、ギリギリまで待つ

売り込み始めるのはぎりぎりまで待ってから。

Wikimedia Commons

クラーク氏は、ネットワークイベントで「あなたについて教えてください」と聞かれても、返答は手短に済ませるようにとクライアントにアドバイスしていると語った。次にやるべきことは、相手から情報を引き出すことだ。

「前もって相手の興味を引く方法を見つけることができ、相手についてできる限り多くの質問ができれば、会話の糸口をいろいろ見つけることができる。つまり、相手にとって関係ある内容について語ることができる」

30秒程度に収める

30秒程度に収めよう。

Strelka Institute for Media, Architecture and Design/flickr

簡潔さがポイント。30秒程度に留めておこう。

「目的は、あなたの感動的な独白で相手を痺れさせ、沈黙させることではない」とクラーク氏。

「相手と会話することだ」

台本にとらわれない

台本通りに話そうとしてはいけない。

Rosmarie Voegtli/flickr.com

伝えたい内容のアウトラインを用意しておくことは良いことだ。しかし、クラーク氏は、多くの人が緊張して「台本通りに話そうとしすぎる」ことに気づいた。

「何かを言い間違えたり、言い忘れたりすることを恐れるあまり、自然に振る舞うことができないようだ。少しロボットのようになってしまう」とクラーク氏。

残念ながら、そうなってしまうと「あなたの関心は、相手のことをよく知ることではなく、どちらかと言うと、誰でもいいから話を聞いてくれる人に自分のメッセージを伝えることだという印象を相手に残してしまう」。

友人に、代わりに売り込んでもらう

友人を連れてきて、あなたの代わりにあなたを売り込んでもらおう

Strelka Institute/Flickr

ネットワークイベントには、可能なら、友人と一緒に参加することをクラーク氏は勧めた。「事前にお互いに助け舟を出し合うという約束をしておこう」。

そうすれば、あなたはエレベーターピッチをしなくて済む。友人が代わりにやってくれるのだから。もちろん、あなたも友人を売り込もう。

この方法は、プレッシャーが少なくなるだけではない。「友人なら、あなたが自分で語るには不適切なくらいに、あなたのことを売り込んでくれる」。

イベントに1人で参加する場合には、クラーク氏は、事前に友人、同僚、クライアントと話し、「彼らが考えるあなたの最も優れた点、もしくは特徴的なところを知る」ことを勧めた。

なぜなら「彼らは、あなたが気づいていないかもしれない」、あなたの素晴らしい点を「見つけることができる」から。

[原文:How to sell yourself in 30 seconds and leave people wanting more

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい