アメリカ人が見た“日本のウォルマート”西友

5ae3502419ee865c008b45cd

AP Photo/Chiaki Tsukumo

  • ウォルマートは2002年に西友と提携、2008年には完全子会社化した。
  • アメリカ人から見ると、西友はウォルマートと驚くほど似ているようだ。
  • アメリカ人が捉えた西友の姿を見てみよう。

店名は違っているが、西友での買い物は、ウォルマートでの買い物と多くの点で似ている。

ウォルマートは2002年、西友と提携、2008年に完全子会社化した。店舗の名前はそのままだが、ウォルマートの子会社だ。

西友の設立は1963年、ウォルマートが参画するはるか以前のこと。2018年1月には楽天との提携を発表、2018年後半からネットスーパーの運営を開始する。

日本の西友とアメリカのウォルマートには多くの類似点がある。1つは販売されている商品。日本の店舗でもアメリカン・ビーフ、コカ・コーラ、スニッカーズ、キット・カットなどが販売されている。しかしキット・カットなどは、抹茶や紅いもなど、アメリカでは入手できない種類も販売されている。

日本のスーパーマーケットは申し分なく清潔で、きれいに整頓されており、西友も例外ではない。また店内には明るい蛍光灯と広い通路があり、アメリカのウォルマートを思い起こさせる。

アメリカ人から見た“日本のウォルマート”を見てみよう。

ウォルマート・ジャパンの店舗は「西友」という名前で運営されている。ウォルマートは2002年、西友と業務提携、2008年に完全子会社化した。

ウォルマート・ジャパンの店舗は「西友」という名前で運営されている。ウォルマートは2002年、西友と業務提携、2008年に完全子会社化した。

Koichi Kamoshida/Getty Images

2002年の業務提携発表時。


店舗は巨大で、多くが24時間営業。アメリカのウォルマートのように、小規模なショッピング・センターの中にもある。

店舗は巨大で、多くが24時間営業。

AP Photo/Chiaki Tsukumo


店舗は非常によく整えられていて清潔。コカ・コーラやディズニーなど多くのアメリカ・ブランドを販売。

店舗は非常によく整えられていて清潔。

AP Photo/Chiaki Tsukumo

出典:Matcha

青果物コーナーは、アメリカと非常によく似ており、サインの一部は英語。店内の配色もよく似ている。

青果物コーナーは、アメリカと非常によく似ており、サインの一部は英語。店内の配色もよく似ている。

YouTube


通路もアメリカのウォルマートと不気味なほど似ている。

西友の通路は、日本の他の多くのスーパーよりも広い。

出典:New York Times

価格はアメリカと同様に明るい黄色の背景で表示されている。価格を目立たせることに注力している。


品数も豊富。

緑茶も様々な種類が並んでいる。

緑茶も様々な種類が並んでいる。

Shutterstock

出典:Matcha

おすすめ品のコーナー。ホールのチーズケーキが約500円。

ケーキやクッキー、パンもある。

フードコートもある。

A post shared by riNux (@rinux18) on


フードコートには、ラーメンや寿司もある。


スターバックスがある店舗も。


巨大な自動販売機もある。

#vendingmachine

A post shared by riNux (@rinux18) on

様々な種類の炭酸飲料を販売している。

クレーン・ゲームのようなゲーム機もよく置かれている。

アメリカの多くのウォルマートにも似たようなゲーム機がある。

[原文:These photos reveal what it's like to shop at Walmart in Japan (WMT)

(翻訳:Setsuko Frey、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中