フィリピン、マンハッタンより広大な“無公害”都市を計画中

フィリピン政府が計画している無公害都市「New Clark」の完成イメージ。

フィリピン政府が計画している無公害都市「New Clark」の完成イメージ。

BCDA Group

フィリピンの首都マニラは超過密都市で、渋滞がひどいことでも知られている。カーナビアプリを提供するウェイズ(Waze)が2016年に実施した調査で、マニラは「地球上で最も渋滞している」都市とされた。

主要な交通手段が車に限られていることも、大気汚染問題を悪化させている。

マニラのスモッグと渋滞の解決策として、フィリピン政府は全く新しい、より持続可能な都市「New Clark」の開発を計画している。

開発費用は140億ドル(約1兆5000億円)、面積はマンハッタンを超える。ドローン、自動運転車、ビルの水とエネルギーの使用量を減らすテクノロジー、巨大なスポーツ複合施設、多くの緑地などが導入される。

「New Clark 」を詳しく見てみよう。

今後30年をかけて、マニラから75マイル(約120キロ)の場所にNew Clarkを建設する予定。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」

BCDA Group

出典:CNBC

計画によると、面積は36平方マイル(約93平方キロメートル)でマンハッタンより広い。最大200万人が居住可能。

マニラに開発される持続可能な都市「New Clark」

BCDA Group

出典:The Inquirer

機能別に5つの区域 —— 行政、ビジネス、教育、農業、娯楽 —— に分けられる。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

具体的な設計はこれから。開発企業は、環境の持続可能性と気候変動への対応力を優先させると語った。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

海抜は最も低いところで184フィート(約55メートル)、洪水の心配はなさそう。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

CO2の排出量を減らすため、3分の2は農地、公園、その他の緑地となる。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

出典:Reuters

建物にはエネルギーと水の使用量を減らすテクノロジーを導入。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

街を走る自動運転車はCO2を排出するガソリン車ではなくEV。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

さらに、巨大なスポーツスタジアムと農産加工団地を整備。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

開発企業のBCDAグループとSurbana Jurongは2022年に建設を開始する予定。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

新都市はマニラの過密状態を緩和する「双子都市」となると、Surbana JurongのCEO、Heang Fine Wong氏はCNBCに語った。

年末の買い物で混み合うマニラのマーケット。2017年 12月29日。

年末の買い物で混み合うマニラのマーケット。2017年 12月29日。

Reuters

出典:CNBC

「マニラは徐々にこれまでと違うタイプの都市になる。New Clarkには新しいテクノロジー企業が集まるだろう」と同氏。

たくさんの人が行き交うマニラの通り。2014年11月27日。

たくさんの人が行き交うマニラの通り。2014年11月27日。

Getty Images/Clive Brunskill

New Clarkのビジョンはまさにユートピアのよう。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group


壮大な計画だが、いくつかの問題に直面している。例えば、New Clarkに移住するようマニラの住民を説得しなければならない。新しい鉄道ができれば、2つの都市を移動する時間は半分になる。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

またフィリピンの経済成長はうまく行っていない。新都市の開発には膨大な費用がかかる。Wong氏によると、官民のパートナーシップがプロジェクトを財政面から支援する。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

近年、世界各国、特に中国で非現実的な都市開発計画が発表された。実現したプロジェクトの多くは、人を惹きつけることができず、ゴーストタウンとなった。

中国・天津市の開発地域。

中国・天津市の開発地域。

Zhang Peng/LightRocket via Getty Images

天津市の開発地域は「中国のマンハッタン」を目指したが、ほとんどが建設途中で放置され、人はほとんどいない。

新都市の建設が既存の問題を解決することはほとんどない。だが、計画を作ることは、都市プランナーにとって、何ができるかを想像する手助けになるだろう。

フィリピン政府が計画する無公害都市「New Clark」の完成イメージ図

BCDA Group

[原文:The Philippines is planning a $14 billion 'pollution-free' city that will be larger than Manhattan

(翻訳:R. Yamaguchi、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中