XB-70 ヴァルキリー、アメリカ史上“最大、最速”の爆撃機になれなかった冷戦の産物

後方に立つ人物と比べるとXB-70Aの大きさが分かる。6基のエンジンのノズルが2枚の垂直尾翼の間に見える。

後方に立つ人物と比べるとXB-70Aの大きさが分かる。6基のエンジンのノズルが2枚の垂直尾翼の間に見える。

NASA

ナショナル・インタレスト(The National Interest)によると、その機はアメリカ史上“最大、最速の爆撃機”だった。

XB-70 ヴァルキリーは自らの衝撃波に乗って飛び、最高速度はマッハ3、高度7万フィート(約2万1000メートル)に達することができた。

だが、同機は量産されず、今は世界に1機が残るのみ。オハイオ州デイトンの国立アメリカ空軍博物館(The National Museum of the US Air Force)に展示されている。

XB-70は1950年代に敵の迎撃機や防空網を振り切る目的で開発されたが、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の登場によりその存在意義を失った。

1961年、ジョン・F・ケネディ大統領はXB-70の計画を打ち切った。だが、機自体は1969年まで研究目的で飛び続けた。

初飛行は1964年9月。

離陸するXB-70。1965年8月。

離陸するXB-70。1965年8月。

NASA

1機目のXB-70Aはマッハ2.5以上で飛行、一度だけマッハ3を超えた。2機目のXB-70Bは翼の角度を5度だけ調整し、操縦性が向上した。XB-70Bの初飛行は1965年7月。

出典 :NASA

全長185フィート(約56m)。

XB-70

US Air Force

出典 :Boeing

全幅105フィート(約32m)。

XB-70

US Air Force

出典 :Boeing

全高30フィート(約9.1m)。

XB-70A

XB-70A。1968年。

NASA

後方に立つ人物と比べるとXB-70Aの大きさが分かる。6基のゼネラル・エレクトリック製エンジンのノズルが2枚の垂直尾翼の間に見える。

出典 :Boeing

エンジンはゼネラル・エレクトリック製YJ-93ターボジェットエンジン 6基。

巡航飛行を行うXB-70。操縦性を向上させるために主翼の先端を折り下げている。

NASA

巡航飛行を行うXB-70。高速飛行中は主翼の先端を折り下げ、操縦性を向上させた。

出典 :Boeing

最高速度はマッハ3、最高高度は7万フィート(約2万1000メートル)を超えた。

XB-70

US Air Force

出典 :Boeing

コックピット。

XB-70

US Air Force


機内後方からの別ショット。

XB-70

US Air Force


1966年6月8日、高速飛行のテスト中に追跡機のF-104Nと衝突。F-104のパイロットとXB-70の副操縦士が死亡した。機長は緊急脱出したが、大怪我を負った。

XB-70

NASA

F-104とXB-70が衝突する直前の写真。XB-70を中心に、T-38A、F-4B、F-104(尾翼がオレンジ)、YF-5Aが編隊飛行を行った。

XB-70Bが失われたあと、1機目のXB-70Aのみが残った。

出典 :NASA

1969年2月まで、XB-70は研究目的で飛び続けた。研究の多くは、B-1爆撃機の開発に貢献した。

XB-70A、エドワーズ空軍基地にて。1967年。

XB-70A、エドワーズ空軍基地にて。1967年。

NASA

出典 :Popular Mechanics

2015年10月、世界に1機のみのXB-70は国立アメリカ空軍博物館の新しい建物に移動。

XB-70

US Air Force


今日に至る。

XB-70

US Air Force


[原文:Jump inside the XB-70 Valkyrie, the largest and fastest bomber that the US ever built

(翻訳:塚本直樹、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中