AIスピーカーが原因で、アメリカ人の赤ちゃんの名前に変化?

AIスピーカーが原因で、アメリカ人の赤ちゃんの名前に変化?

Amazon

  • アマゾンのAIアシスタント「アレクサ」は2015年、同社のAIスピーカー「アマゾン Echo」に搭載された。
  • それ以来、「アレクサ」という名前は劇的に減っていることが、アメリカ政府のデータで明らかになった。

2015年にアマゾン Echoが登場して以来、赤ちゃんに「アレクサ」と名付ける人は、どんどん減っていることが、アメリカ社会保障局のデータで明らかになった。

社会保障局は長年、アメリカ国内で生まれた赤ちゃんの名前を調査しており、データによると女の子の赤ちゃんの名前である「アレクサ」は2015年にピークとなり、以降、減り続けていることが分かった。

ちょうどアマゾンのAIアシスタントが登場したタイミングだ。そう、「アレクサ」と呼びかけると応えるAIアシスタント。

「アレクサ、10分のタイマーを設定して」のように。

グラフのとおり、赤ちゃんに「アレクサ」と付ける人は、アマゾン Echoが発売されてから急激に減少している。


グラフのとおり、赤ちゃんに「アレクサ」と付ける人は、アマゾン Echoが発売されてから急激に減少している。

Andy Kiersz / Business Insider

この急激な減少を指摘したのは、メリーランド大学のフィリップ・コーエン教授(社会学)。教授は5月11日(現地時間)、この傾向をブログに投稿し、その後、ツイッターにも投稿した

「自分の娘をアレクサと名づけた人のことを考えてみて欲しい。アマゾンは人々に及ぼす影響を考えなかったのか?」とコーエン教授。

Business Insiderはアレクサに似た名前についても調べてみた。ほとんどが減少傾向にあったものの、2015年を境とした劇的な減少は見られなかった。

我々は、アレクサに似た名前についても調べてみた。

Andy Kiersz / Business Insider

[原文:People in America have stopped naming their babies Alexa, thanks to Amazon (AMZN)

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい