地下駐車場も美しい、アップル新本社

50億ドルのアップル新本社、アップルパーク(Apple Park)は世界中から注目を集める建築物。

だが、アップルの創業者スティーブ・ジョブズはかつて「デザインとは、どう機能するかだ」と語っている。

アップルパークの場合、「どう機能するか」は毎日、数千人もの従業員が車で出勤してくるのをさばき、駐車場を提供することだ。

また来客や打ち合わせに来た人を、機密性の高い本社内まで分かりやすく、効率的に案内しなければならない。

これは渋滞を生み出しかねない。

だが、配車サービス、リフト(Lyft)のドライバーが投稿した車載カメラの動画によると、アップルパークは通路、地下トンネル、LEDライトなど、極めて効率的なシステムを構築している。

その様子は、少し空港に似ている。アップルパークが非公式に「スペースシップ」と呼ばれ、すぐにでも離陸するように見えるせいかもしれない。

また、地下の合流部分には信号があった。しかもアップルらしく、信号は水平に、真っ白な取り付け器具の中に収められていた。

アップルパークはとても大きい。ビジネスマンや仕事への応募者が訪問した際には、正確な入口、相手の名前、そしてアップルパークの大きな地図を記した詳細な予約メールが送られてくる。

巨大なアップルパーク

Getty

同社CEOティム・クック氏は2018年2月、「機密がたくさんある」ため、アップルパーク内部の見学ツアーを行うことはできないと株主に語った。その代わり、見学者向けにアップルは道路の反対側にアップルストアを作った。

だが、6月に開催される年に1度の開発者会議WWDCの際には、多くの開発者がその目で新本社の中を見たいと思うことだろう。

今のところは、YouTubeとインスタグラムがある。

ビデオのハイライト部分は以下のとおり。

新本社の周りにあるトンネル。新本社の地下に続いている。

新本社の周りにあるトンネル。新本社の地下に続いている。

YouTube/DurangoLyft


番号表示は空港のよう。

番号表示は空港のよう。

YouTube/DurangoLyft


パープルのLED照明の意味は何だろう。

パープルのLED照明の意味は何だろう。

YouTube/DurangoLyft


アップルオリジナルの信号機。

アップルオリジナルの信号機。

YouTube/DurangoLyft


パーキングスペースの間の通路も都会的。

パーキングスペースの間の通路も都会的。

YouTube/DurangoLyft


[原文:Even the parking lot underneath Apple's $5 billion campus is beautifully designed (AAPL)

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい