ついにメルカリ上場承認、連続起業家・山田進太郎会長の「頭の中」を垣間見る記事5選

メルカリ創業者の山田進太郎会長。

メルカリ創業者の山田進太郎会長(2017年12月撮影)。

撮影:今村拓馬

CtoCの個人売買サービスなどを展開するメルカリが5月14日、東証マザーズ市場への上場が承認された。上場予定日は6月19日。

メルカリは近年、国内でもっとも注目すべきユニコーン企業(評価額が10億ドル=約1000億円以上の企業をさす言葉)の1社として、過去何度となく「上場」の噂が取りざたされてきた。

メルカリのアプリダウロード数推移

メルカリのアプリダウロード数推移。

メルカリ

Business Insider Japanでは、2018年1月に、メルカリの事業を紐解く連続特集をまとめている。

約1カ月後の上場を控えたいま、創業者で代表取締役会長の山田進太郎氏の頭の中にある、メルカリ上場のその先、そして世界制覇計画は一体どういったものなのか? 山田会長への独占インタビューから、研究組織「R4D」の姿、次世代のメルカリを支える「新卒採用」まで、ここで紹介する独自取材記事5本は、2018年のメルカリがめざす姿の理解に役立つ情報になるはずだ。

・メルカリ山田会長が語る「世界進出の先鞭に」——1社が成功すれば状況は変わる

メルカリ山田進太郎会長インタビュー

・メルカリの凄すぎる“ゴールデンチーム経営陣”全覧、なぜ業界有名人が集結するのか

メルカリの凄すぎるゴールデン経営陣

・メルカリの「戦略」を知る5つの質問、研究組織「R4D」が目指す“世界の当たり前”とは?

メルカリR4D

・メルカリの研究開発組織「R4D」とは何か? シャープや落合陽一ら参画、「先進技術の社会実装」目指す

メルカリ R4D

・メルカリ内定時期から昇給、一律初任給廃止——内定者にも研修費用、新卒採用一気に増やす

メルカリ内定・新卒採用

(文・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中