1年で21人増! 香港が世界で最も多くのビリオネアが集まる都市になる日は近い

5af9a60fb9ea532d008b49c9

Harrison Jacobs/Business Insider

  • 2017年、世界のビリオネア人口は2754人と過去最多となった。
  • 中国、インド、香港で純資産の伸びは最大となった。
  • 都市としては、2017年に最も多くの新たなビリオネアを生んだのは香港で、93人とニューヨーク・シティにあと10人まで迫っている。

香港はここ数年、世界で最も住宅購入が難しい都市だ。そして、その富は増えるばかりだ。

Wealth-Xの最新のビリオネア調査によると、香港は2017年、21人のビリオネアを新たに生んだ。その数はトータルで93人にのぼり、ニューヨーク・シティにあと10人まで迫っている。都市としても国・地域としても、1年でこれほど増加するのは初めてだ。ニューヨーク・シティでは新たにビリオネアとなったのは、わずか1人だった。

国・地域で見た場合、93人という香港のビリオネアの数はアメリカの680人に遠く及ばない。だが、世界で最も多くのビリオネアが集まる都市としては、香港がニューヨーク・シティを抜くのは時間の問題だ。

Wealth-Xの調査によると、香港の富の増加は「国内経済の強さと国際金融市場の好転(世界最大の金融の中心地の1つというその地位を反映)、貿易の拡大、中国本土との投資の結び付きが」けん引したという。

2016年には主要都市の中で最も多くのビリオネアを失った香港だが、2017年は最も多くのビリオネアを新たに生んだ。

都市別ランキング

ビリオネアが最も多い都市トップ10。前年から21人増えた香港は、93人で2位となった。

Jenny Cheng/Business Insider

香港で最も裕福なのは、350億ドル(約3兆8600億円)近い純資産を誇る李嘉誠氏だ。李氏は2018年3月、自らが築き上げた2つの巨大コングロマリット、長江和記実業(CK Hutchison Holdings)と長江実業集団(CK Asset Holdings)の経営から引退した。同氏のサクセス・ストーリーは広く知られている。一方、ニューヨーク・シティで最も裕福なマイケル・ブルームバーグ氏の純資産は、約530億ドルだ。

李氏に次ぐ、香港で最も裕福なビリオネア5人は不動産業でその財を成した。香港が生活費や住宅購入費の高さで知られるのも当然と言えよう。植民地時代から高級住宅街として知られる「ザ・ピーク」は、富、豪華さ、独占性の代名詞だ。

銀行家や海外移住者、実業界の大物、セレブらが住むこの住宅街は、世界で最も高い不動産の記録を更新し続けていて、最近では中国のミリオネアやビリオネアたちも多く暮らしているという。2015年には中国のビリオネアでアリババの創業者ジャック・マー氏がこの住宅街で1億9100万ドルの豪邸を購入したとの噂も流れたが、真偽のほどは分かっていない。

国別ランキング

ビリオネアが最も多い国・地域トップ10。アメリカの多さは飛び抜けているが、ビリオネアの数や純資産の増加率は、2位の中国が圧倒している。

Jenny Cheng/Business Insider

ビリオネア調査によると、香港でビリオネア人口が増えたおかげで、アジアのビリオネアの数は784人にのぼり、57人増となった北米のビリオネアの数を初めて上回った。

「(アジアにおける)ダイナミックな富の創出は、新興市場の成長、米ドルに対する為替の回復力、インフラ投資の増加、不動産価格の高騰、拡大する中流層の着実な需要に支えられている」と、Wealth-Xは報告している。

世界のビリオネア人口は全体で15%近く伸び、トータルで2754人となった。好調な世界経済と企業の業績を背景に、その資産総額は9兆2000億ドルと、2017年から24%増えている。

[原文:Hong Kong could overtake New York as the world's billionaire capital very soon]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中