未公開テック企業、企業価値ランキング トップ26

ウーバーCEO、ダラ・コスロシャヒ(Dara Khosrowshahi)氏。

ウーバーCEO、ダラ・コスロシャヒ(Dara Khosrowshahi)氏。

Uber

ピッチブックが最近発表した、ベンチャーキャピタル(VC)の支援を受けた未公開企業の評価額ランキングによると、テック系企業の評価額は依然としてトップクラス。

2018年5月時点では、ウーバーがトップ。しかし、そのすぐ後ろに中国での同社の競合、滴滴出行(Didi Chuxing)が迫っている。

さらに配車サービスは、リフト(Lyft)、インドネシアのゴジェック(GO-JEK)、シンガポールのグラブ(Grab)など5社がランクインした。

ランキングのテック企業26社のうち、12社はアメリカに、10社は中国に本社を置いている。

また、26社のうち8社の直近の資金調達にはソフトバンク(子会社や関連会社を含めて)が関わり、プランティア(Palantir)への2000万ドル(約22億円)から滴滴出行への46億ドル(約5100億円)まで幅広く投資している。

未公開テック企業の企業価値ランキングを見てみよう。

26位 ウブテック(Ubtech)、50億ドル

ウブテック

AP

概要:本社は中国、深セン市。エンターテイメント用や教育用のロボットを製造。

直近の資金調達:2018年5月4日、8億2000万ドルを調達。騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が主導。

26位 マシーンゾーン(Machine Zone)、50億ドル

マシーンゾーン

Machine Zone

概要:本社はカリフォルニア州パロアルト。モバイル向けの多人数参加型ゲームを開発。

直近の資金調達:2016年、3億3000万ドルを調達。主導した企業は未開示。

26位 クーパン(Coupang)、50億ドル

クーパン

Coupang

概要:韓国のeコマース企業。消費者向けの様々な製品やチケットなどを取り扱う。

直近の資金調達:2015年、10億ドルを調達。 ソフトバンクキャピタルが主導。

26位 ゴジェック(GO-JEK)、50億ドル

ゴジェック

GO-JEK website

概要:インドネシアの配車サービス企業で、同国最大のユニコーン企業。

直近の資金調達:2018年2月、15億ドルを調達。アストラ・インターナショナル(Astra International)とテンセント・ホールディングスが主導。

22位 スラック(Slack)、51億ドル

スラック

Thomson Reuters

概要:本社はサンフランシスコ、社内コミュニケーションツールを提供する。

直近の資金調達:2017年、2億5000万ドルを調達。ソフトバンク・グループが主導。

21位 ウィードクター(WeDoctor)、55億ドル

ウィードクター

WeDoctor website

概要:医療サービス・モバイルアプリを提供する中国企業。

直近の資金調達:2018年5月、5億ドルを調達。AIAカンパニー(AIA Company)およびNWSホールディングス(NWS Holdings)が主導。

20位 ロビンフッド(Robinhood)、56億ドル

ロビンフッド

Robinhood

概要:本社はサンフランシスコ。株式と仮想通貨の取引用アプリを提供。

直近の資金調達:2018年5月、3億6300万ドルを調達。DSTグローバル(DST Global)が主導。

19位 グラブ(Grab)、60億ドル

グラブ

Thomson Reuters

概要:本社はシンガポール。配車サービス企業。

直近の資金調達:2018年1月、25億ドルを調達。ソフトバンクおよび滴滴出行が主導。

18位 链家(LianJia.com) —— 60億ドル

链家・ドット・コム

App store: Lianjia

概要:不動産のオンライン仲介サービスを提供する中国企業。

直近の資金調達:2017年、3億7700万ドルを調達。サナック・チャイナ・ホールディングス(Sunac China Holdings)が主導。

17位 マジック・リープ(Magic Leap)、64億ドル

マジック・リープ

Magic Leap

概要:AR(拡張現実)のスタートアップ。

直近の資金調達:2018年3月、9億6300万ドルを調達。テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)およびサウジアラビアのPublic Investment Fund(PIF)が主導。

16位 マンバン・グループ(Manbang Group)、65億ドル

マンバン・グループ

Scott Olson/Getty

概要:中国のトラック配車サービス。

直近の資金調達:2018年4月、19億ドルを調達。ソフトバンク・グループと国新科创基金(China Reform Fund Management)が主導。

15位 借貸宝(Jiedaibao)、76億ドル

借貸宝

Jiedaibao website

概要:オンラインファイナンス用アプリを提供する中国企業。

直近の資金調達:2016年、3億8100万ドルを調達。主導した企業は非公開。

14位 SZ DJIテクノロジー(SZ DJI Technology)、80億ドル

DJI

深セン市にあるDJIのフラッグシップ店舗に陳列されたドローン。

Thomson Reuters

概要:世界最大の中国のドローンメーカー。

直近の資金調達:2015年、アクセル(Accel)とクライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ(Kleiner Perkins Caufield & Byers)から、7500万ドルを調達。

13位 ストライプ(Stripe)、92億ドル

創業者兼CEO、パトリック・コリソン(Patrick Collison)氏。

創業者兼CEO、パトリック・コリソン(Patrick Collison)氏。

Wikimedia Commons

概要:本社はサンフランシスコ。オンライン決済プラットフォームを提供。

直近の資金調達:2016年、4億ドルを調達。キャピタルG(Capital G)およびゼネラル・カタリスト・パートナーズ(General Catalyst Partners)が主導。

12位 ペイティーエム(Paytm)、100億ドル

ペイティーエム利用可能のサイン。

インド、コルカタで撮られたペイティーエム利用可能のサイン。2017年1月25日。

REUTERS/Rupak De Chowdhuri

概要:インド企業。モバイル決済およびeコマースのプラットフォームを提供。

直近の資金調達:2017年5月、ソフトバンクグループから14億ドルを調達。

11位 リフト(Lyft)、117億ドル

リフト

Mike Coppola/Getty Images

概要:本社はサンフランシスコ。配車サービス企業。

直近の資金調達:2018年3月、17億ドルを調達。キャピタルG(CapitalG)が主導。

10位 ピンタレスト(Pinterest)、123億ドル

ピンタレスト

Ken Yeung/VentureBeat

概要:本社はサンフランシスコ。写真共有サービス。

直近の資金調達:2017年6月、エマーソン・コレクティブ(Emerson Collective)、コフィン・キャピタル・アンド・ベンチャーズ(Coffin Capital & Ventures)、シェアズポスト(SharesPost)、シナイ・ベンチャーズ(Sinai Ventures)などから1億5000万ドルを調達。

9位 拼多多(Pinduoduo)、150億ドル

拼多多

Pinduoduo app download page

概要:中国のソーシャルECプラットフォーム。購入者の数に応じて価格が安くなる。

直近の資金調達:2018年4月、30億ドルを調達。 テンセント・ホールディングスが主導。

8位 今日頭条(Toutiao)、200億ドル

今日頭条

Thomson Reuters

概要:中国のニュースアプリ。

直近の資金調達:2017年、20億ドルを調達。ジェネラル・アトランティック(General Atlantic)が主導。

7位 パランティア・テクノロジーズ(Palantir Technologies)、205億ドル

CEO、アレックス・カープ(Alex Karp)氏。

CEO、アレックス・カープ(Alex Karp)氏。

Getty / Drew Angerer

概要:本社はカリフォルニア州パロアルト。アレックス・カープ(Alex Karp)氏とピーター・ティール(Peter Thiel)氏が共同創業者。政府機関や民間企業向けにデータを収集、分析。

直近の資金調達:2016年、デカコーン・キャピタル(Decacorn Capital)、オーシャニック・パートナーズ(Oceanic Partners,)、プロメテウス・キャピタル(Prometheus Capital)などから2000万ドルを調達。

6位 ウィーワーク(WeWork)、211億ドル

ニューヨーク、チェルシーにあるウィーワークの本社。

ニューヨーク、チェルシーにあるウィーワークの本社。

Courtesy of WeWork

概要:本社はニューヨーク。コワーキングスペース運営大手。

直近の資金調達:2017年、30億ドルを調達。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドが主導。

5位 スペースX(SpaceX)、247億ドル

打ち上げを待つスペースXのロケット「ファルコン・ヘビー(Falcon Heavy)」。2018年2月5日。

打ち上げを待つスペースXのロケット「ファルコン・ヘビー(Falcon Heavy)」。2018年2月5日。

Dave Mosher/Business Insider

概要:イーロン・マスク氏のロケット企業。

直近の資金調達:2018年、2億1400万ドルを調達。フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)が主導。

4位 美団-大衆点評(Meituan-Dianping)、300億ドル

美団-大衆点評

Meituan Mobile site

概要:中国のO2O(Online to Offline)プラットフォーム。クーポン、チケット、レストラン予約などを提供。

直近の資金調達:2017年、40億ドルを調達。テンセントが主導。

3位 エアビーアンドビー(Airbnb)、310億ドル

エアビーアンドビー

Tero Vesalainen / Shutterstock.com

概要:民泊サービス。

直近の資金調達:2015年、16億ドルを調達。ジェネラル・アトランティック(General Atlantic)、ヒルハウス・キャピタル(Hillhouse Capital)、タイガー・グローバル・マネジメント(Tiger Global Management)が主導。

2位 滴滴出行(Didi Chuxing)、560億ドル

滴滴出行

Thomson Reuters

概要:中国最大の配車サービス。

直近の資金調達:2018年2月、46億ドルを調達。ソフトバンク・キャピタル、ムバダラ・ディベロプメント(Mubadala Development)、JUMPインベスターズ(JUMP Investors)が主導。

1位 ウーバー(Uber)、699億ドル

CEO、ダラ・コスロシャヒ(Dara Khosrowshahi)氏。

CEO、ダラ・コスロシャヒ(Dara Khosrowshahi)氏。

Drew Angerer/Getty Images

概要:配車サービス。

直近の資金調達:2018年1月、13億ドルを調達。ソフトバンク・グループが主導。

[原文:The 26 most valuable private tech companies in the world

(翻訳:Yuta Machida/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中