朝5時に起床、仕事も子育ても楽しむ! アメリカの金融街でストラテジストとして働く女性の日常

同僚と打ち合わせをするシルバーマンさん

打ち合わせをするシルバーマンさん(中央左)。RBCの女性社員グループ「RWomen」のメンバーと。

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

金融市場にボラティリティが戻ってきた —— 。それはRBCキャピタル・マーケッツのデリバティブ・ストラテジーの責任者、エイミー・ウー・シルバーマンさんにとって、忙しい日々を意味する。

彼女は毎日、同社の顧客やメディアに必要な情報を伝えるため、自身の担当業務に関連する話題を事細かにフォローしている。出版物で市場の動向を論じたり、CNBCやブルームバーグTVといったテレビ番組にも定期的に出演している。

オプション取引の設計やバックテストの分析といった定量的な面だけでなく、世界中の顧客を訪ねるといった質的な面でも、彼女は自身の仕事に満足しているという。

シルバーマンさんがBusiness Insiderのためにその日々のルーティンを綴ってくれたのは、RBCの「トレード・フォー・ザ・キッズ・デー(Trade for the Kids Day)」という、世界中の若い世代を対象とした慈善団体に300万ドル(約3億3400万円)以上を寄付するイベントの最中だった。その中には、彼女自身が理事を務めるStorefront Schoolも含まれている。

彼女の日常を紹介しよう。


午前5時

赤ちゃん

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

1日の始まりは早い。わたしたちの5カ月になる赤ちゃんは、朝4時から5時の間に起きてまた眠る。わたしは二度寝できない。メールを返信したり、ニュースを読んだり、マーケットをチェックしたり、おむつや食料品を注文したり、仕事に行く準備をする。

午前6時半

赤ちゃんのために歌う夫

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

赤ちゃんが再び目を覚ます時間! 一緒に遊んだり、本を読んだり、腹ばいになって過ごす。コネチカット州にある投資会社の共同経営者である夫は、仕事に向かう前に彼女のために歌を歌う。

午前7時

子どもたちと

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

赤ちゃんに授乳していると、すぐに4歳の娘が起きてくる。3人で遊び、本を読む。ベビーシッターが来たら、職場へ持っていく搾乳に必要なものを準備する。育児休暇から職場に復帰したのは1カ月前だけど、授乳と搾乳はわたしの日常の一部だ。

午前8時半

職場に到着

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

職場に到着したら、まずは搾乳へ。今日は世界中のRBCで「トレード・フォー・ザ・キッズ・デー」を祝うため、オフィスは金と青で飾り付けられている。4大陸23都市で行われるこのイベントを通じて、わたしたちは世界中の若い世代を対象とした40の主要な慈善団体に300万ドル以上を寄付する。 この中にはわたしの団体も含まれている。周りからは、どうやってトレーディング・フロアの仕事に専念してきたのか聞かれるけど、15年が経って他の道なんて想像がつかないわ!

午前9時半

職場で笑顔を見せるシルバーマンさん

RBC Capital Markets / Amy Wu Silverman

市場が開く! ボラティリティやオプション取引の動向をまとめたわたしのレポートだけでなく、顧客に「トレード・フォー・ザ・キッズ・デー」をアピール。顧客とは電話もしくはブルームバーグのターミナル経由で話している。

午前11時

搾乳室

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

RBCの搾乳室へ。搾乳している間に報告書に目を通す。今日はテスラが決算発表をした。決算会見やうちの会社が行った調査報告をチェックして、ボラティリティがどう変化したか分析する。

正午

同僚と

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

昼休み! 今日は同僚のジェフ・ショー(Jeff Shaw)と、「トレード・フォー・ザ・キッズ・デー」の寄付先である慈善団体をおもてなし。

午後2時

同僚と

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

同僚のスティーブ・グレイシアルニー(Steve Gracyalny)と、今後の戦略について話し合う。その後、顧客に何本か電話をかける。記者ともチャット。

午後3時

搾乳室に戻るシルバーマンさん

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

育児休暇から戻るということは、わたしが(再び!)搾乳室に戻るということ。とても現実的な一面。

午後5時

仕事終わり

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

市場が引けたら、顧客向けの仕事をいくつか仕上げて、自宅へ。

午後5時半

子どもを抱っこ

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

わたしが帰宅すると、子どもたちは遊ぶ気満々! 普段なら公園に直行するところだけど、今日はパパの誕生日だから特別。プレゼント(おしゃれな靴下と新しいシャツ)を準備する。

午後6時

三角の帽子をかぶった赤ちゃんとパパ

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

パパも帰宅。わたしたちは帽子をかぶって、誕生日をお祝いした。ベビーシッターは普段ならこのくらいの時間に帰るけれど、今日は泊まってもらって、夫とわたしは外で夕食を。子どもたちに夕食を食べさせた後は、お風呂タイム。赤ちゃんは7時までに、上の娘は8時半までに寝る。

午後8時半

8:30pm

Amy Wu Silverman/RBC Capital Markets

バースデー・ディナー! 「Giorgio's」でトリュフ入りのオイスターやデザートのスモア・パンプディングを食べて、お腹いっぱいに。明日はジムに行かなくちゃ! 食事が終わり次第帰宅し、就寝。

[原文:A day in the life of a Wall Street strategist who wakes up at 5 a.m. to balance client calls with parenthood]

(翻訳:Setsuko Frey、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中