映画『ハン・ソロ』は『クローンの攻撃』以来のワースト作品? スター・ウォーズ全作品ランキング

ソロとチューバッカ

Lucasfilm

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開はアメリカでは5月25日、日本では6月29日まで待たなければならないが、すでにレビューは出始めている —— だが、フォースの強い『スター・ウォーズ』シリーズとはいかないようだ。

アメリカの映画評論サイト「ロッテン・トマト」の80を超えるレビューに基づく『ハン・ソロ』の評価は、16日朝(現地時間)の時点で72%だ

これは『スター・ウォーズ』映画にとって、悪い知らせだ。シリーズ中、最低評価となった『ファントム・メナス』よりはましとはいえ、2002年公開の『クローンの攻撃』以来の低評価だ。

Business Insiderのジェイソン・ゲラシオ(Jason Guerrasio)は、『ハン・ソロ』はシリーズ疲れを感じさせる初めてのスター・ウォーズ作品だと語っている。

「決まり文句でいっぱいの結末は新鮮味に欠け、見たことのないようなでたらめなカメオ出演によって、今後の『ハン・ソロ』映画の土台を作ろうとし過ぎている」ゲラシオは自身のレビューで述べた

『ハン・ソロ』にがっかりしているのは、彼だけではない。ローリング・ストーン(Rolling Stone)誌のピーター・トラバース(Peter Travers)も、映画は無難すぎて「つまらない」と言う。

「ハン・ソロという『スター・ウォーズ』の最もならず者の型破りなヒーローが、なぜか一切ルールを破らない」トラバースは書いている。

スレート(Slate)のサム・アダムス(Sam Adams)は、『ハン・ソロ』はスター・ウォーズ作品史上最悪ではないが「存在意義が見当たらない」と言う。

では、映画『ハン・ソロ』は他のスター・ウォーズ作品に比べ、どうなのだろうか? Business Insiderではロッテン・トマトの評価スコアに基づき、全作品をランキングにした(評論家の評価が同率の場合は、ユーザー評価で格付けした)。

批評に基づく『スター・ウォーズ』全作品のランキングは以下のとおり。


10位 『ファントム・メナス』(1999年)

ジャー・ジャー・ビンクス

Lucasfilm

評価スコア:55%

9位 『クローンの攻撃』(2002年)

アナキンとパドメ

Lucasfilm

評価スコア:66%

8位 『ハン・ソロ』(2018年)

ソロとチューバッカ

Lucasfilm

評価スコア:72%

7位 『シスの復讐』(2005年)

ダークサイドに落ちたアナキン

Lucasfilm

評価スコア:79%

6位 『ジェダイの帰還』(1983年)

ジャバ・ザ・ハットと対峙するルーク

Lucasfilm

評価スコア:80%

5位 『ローグ・ワン』(2016年)

ジンとキャシアン

Disney

評価スコア:85%

4位 『最後のジェダイ』(2017年)

年老いたルーク

Lucasfilm

評価スコア:91%

3位 『フォースの覚醒』(2015年)

レイとBB-8

Disney

評価スコア:93%

ユーザー評価:88%

2位 『新たなる希望』(1977年)

ダース・ベイダー

Lucasfilm

評価スコア:93%

ユーザー評価:96%

1位 『帝国の逆襲』(1980年)

ヨーダとルーク

Lucasfilm

評価スコア:95%

[原文:'Solo' is the worst 'Star Wars' movie since 'Attack of the Clones,' according to critics]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中