デートアプリ主催の“大人の”キャンプに参加してみた

集合写真

Coffee Meets Bagel

現実を見よう。ニューヨークでデート相手を見つけることは難しい。

だから、デートアプリ「コーヒー・ミーツ・ベーグル(Coffee Meets Bagel)」からのメールには興味をそそられた。同社が初めて開催する、シングルのための泊まりがけのキャンプ「キャンプ・ミーツ・ベーグル(Camp Meets Bagel)」への誘いだった。

作り笑顔でおしゃべりする、ありきたりなデートではなく、歌ったり、キャンプファイヤーでマシュマロを焼いたり……。そして、素敵な人に出会えるかもしれない。サマー・キャンプに行ってみたいという子どもの頃の夢もかなう。残念ながら私が育ったインドでは、それは大きすぎる夢だった。

もちろん、仮設のバーもある。

でも、不安だった。丸3日間、大勢の見知らぬ人たちと森の中で過ごせるのか分からなかった。だから、大学時代からの親友を巻き込んだ。

5月10日、私たちは荷造りをして、仕事の後、150人のメンバーとキャンプに向かった。

2000年、9歳のときにアメリカ映画『ファミリー・ゲーム/双子の天使(The Parent Trap)』を初めて観たときから、サマー・キャンプに行くことが私の夢だった。残念ながら、夢がかなうことはなかった。

『ファミリー・ゲーム/双子の天使(The Parent Trap)』の1シーン

"The Parent Trap"/Disney via Netflix


だからその代わりに、3日間の大人のキャンプに参加することにした。キャンプはデートアプリ「コーヒー・ミーツ・ベーグル」と「キャンプ・ノー・カウンセラーズ(Camp No Counselors)」のコラボ企画。どちらも、テレビ番組「シャーク・タンク(Shark Tank)」に出演して人気となった。

荷物をまとめたボストンバッグ

Tanya Dua/Business Insider


バス3台でニューヨークを出発。すぐにお酒が飲み放題に。誰かがDJをするようだ。

缶ビール

Tanya Dua/Business Insider


午後10時過ぎ、ペンシルベニア州のエンドレス山脈にあるキャンプ場「インディアン・ヘッド・キャンプ」に到着。シーツと枕を受け取り、男女混合の宿泊小屋に向かった。

キャンプ場到着

Tanya Dua/Business Insider


親友と私は「グリーン」チームになった。ジョージタウン、ハーバード、ラトガースと名づけられた小屋のメンバーが一緒。他にも3チーム。小屋には同じように有名大学の名前が付けられていた。

宿泊小屋の中の2段ベッド

Tanya Dua/Business Insider


少ししてから、全員でキャンプファイヤー。棒に刺したマシュマロ、ピザ、そしてもちろん、あらゆるお酒が揃ったバーもあった。ビール、ワイン、ウォッカ、ウイスキー、ジン。「フリータイム」の準備は整った。

スモアを焼く参加者たち

Tanya Dua/Business Insider


私の小屋では、全員が朝9時までに起きて支度を済ませた。ダイニングへ向かうと、たくさんのベーグル、スクランブルエッグ、フレッシュなフルーツ、オートミールが準備されていた。早めのお楽しみが欲しい人には、ミモザ(オレンジジュースを入れたシャンパン)やロゼもあった。

朝食のベーグルとフルーツ

Tanya Dua/Business Insider


その後は1日中、好きなアクティビティーに参加。カヤック、カヌー、パドルボードから、アーチェリー、ドッジボール、図画工作まであった。様々なアクティビティーで、「ビーンズ」をゲット。これは後で役に立った。

アクティビティを楽しむ参加者たち

Coffee Meets Bagel


アクティビティーの後は「フレンドシップ・ウォーク」に出かけた。お互いのこと、キャンプ場のことをもっと良く知るための散歩。クライマックスは初めてのチーム対抗戦の「じゃんけん大会」。ルールは世界中同じ。すごい早さで、わけも分からないうちに進んだ。でも私は決勝に。結果は2位!

じゃんけん大会

Ke Li Photography


前夜のお酒で疲れていたので、少しだけ眠ることにした。お昼に復活。湖へ行き、午後はウォーター・アクティビティーにあてることにした。翌日は雨になりそうだったから。まずはカヌー。

キャンプ場の湖

Tanya Dua/Business Insider



気温は10℃を切るくらい。暖かくはなかった。水はもっと冷たかった。それでも、飛び込む強者もいた。

ウォーター・アクティビティを楽しむ参加者

Ke Li Photography


大胆にも20フィート(約6メートル)のウォーター・スライドに挑むグループ。湖へ一直線。

ウォーター・スライド挑戦前の1ショット

Ke Li Photography


私も、飛び込んだ。

湖に飛び込む筆者

Tanya Dua/Business Insider


時間はあっという間に過ぎた。夕食前にまたハッピー・アワーに突入。ビール・ポンやフリップ・カップなど、思いつく限りのゲームがあった。

ハッピー・アワーを楽しむ参加者

Tanya Dua/Business Insider


夕食後は「ムービー・ナイト」。好きな映画キャラクターに扮するコスプレ・パーティー。写真は素敵でおバカな、同じ小屋のメンバー。

筆者のルームメイトたち

Tanya Dua/Business Insider


翌朝も好きなアクティビティーに参加。親友と私はアーチェリーの腕前を試すことにした。彼女は真ん中に当てた。私はそこそこ。

アーチェリー

Tanya Dua/Business Insider


キャンプの中で一番面白かったのは「バトル・オブ・ザ・ベーグルズ」。リレー・スタイルのチーム対抗イベント。アクティビティーで集めた「ビーンズ」を使った。

バトル・オブ・ザ・ベーグルズ

Ke Li Photography


二人三脚、アーチェリーなど、10個以上のミニゲームを繰り広げるリレー。土砂降りだったけど。

雨の中ゲームを楽しむ参加者たち

Ke Li Photography


チーム名は「ミーン・グリーン・ビーン・チーム」にした。私たちは間違いなく、一番騒がしいチームだった。ほとんどのメンバーが1日中、お酒を飲んでいた。一方、私はたぶん唯一酔っていなかったので、勝利を目指してチームをリードしようとした。

ミーン・グリーン・ビーン・チーム

Coffee Meets Bagel


でも、あ〜、ダメだった。

負けても大騒ぎするメンバーたち

Coffee Meets Bagel


ゲームには負けたけど問題ない。なぜならその後、ソファー・サウンズ(Sofar Sounds)の素敵なコンサートが開催されたから。ソファー・サウンズは、世界中でプライベートな音楽ライブを開催するスタートアップ。

ソファー・サウンズによる心地いいコンサートを楽しむ参加者たち

Griffin Shapiro


90分のショーには、Covey、Rue Brown、Decoraといったパフォーマーが登場。その後、ブルックリンを拠点とするDJ Mac Josephも夜明け前までレコードを回した。いつも通り、お酒は飲み放題。

Covey

Griffin Shapiro


このときまでには、私はかなりリラックスしていた。アクティビティー、パーティー、宿泊小屋など全てが参加者同士が可能な限り、ありのままで接することができるように工夫されていた。この点については「キャンプ・ミーツ・ベーグル」はかなりいい仕事をしたと思う。

ソファー・サウンズによる心地いいコンサートを楽しむ参加者たち

Griffin Shapiro


結論。

集合写真

Coffee Meets Bagel

「キャンプ・ミーツ・ベーグル」は文字通り、恋に落ちるような、少なくとも、ドキドキするような空間になっていた。

実際、成功だった。3日目までに、数組のカップルが生まれていたし、もう少しでカップルになりそうな人たちもいた。

仮に恋人探しが目的ではないとしても、得るものはあった。素晴らしい、さまざまな職業や立場の人たち、飲みたい人には仮設のバー、アウトドア派の人はアドレナリン大放出。何よりも、コミュニティーがあった。

来たときは、ただ楽しく過ごせればいいと思っていた。帰りは、思い出の宝箱と全く新しい友だちが一緒だった。もちろん、二日酔いも。

[原文:I went to a sleepaway 'dating' camp for adults — and it was a nonstop frat party for 3 days

(翻訳:Ito Yasuko/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい