離婚できるかどうかは試験のでき次第? 中国で行われている"結婚と家庭に関するテスト"

カップル

Claro Cortes IV/Reuters

  • 中国の一部の都市では、離婚する前に"結婚と家庭に関するテスト"を夫婦で受けなければならない。
  • 相手の好きな食べ物や親の誕生日、家族の責任に対する考え方といったさまざまな質問に答えなければならない。
  • テストで60%以上正解した夫婦は、離婚できない。
  • テストの中身を見てみよう。

中国は離婚率の引き下げに必死だ。夫婦が離婚するには、事前にテストを受けなければならない。

離婚の登記を受け付ける婚姻登記機関の一部では、離婚を受け付ける前に、夫婦に"結婚と家庭に関するテスト"を受けるよう求めている。2017年後半以降の複数の地元メディアの報道によると、陝西省の西安や江蘇省連雲港市の東海県、四川省の宜賓市などで実施されている。

2ページにわたるテストには15の設問が用意されていて、空欄を埋めたり、短い文章で答えたり、小論文を書くことが求められる。

設問は以下のとおり:

1:空欄を埋めなさい(1問4点、合計40点)

1. 結婚記念日はいつですか?

2. 配偶者の誕生日はいつですか?

3. あなたの子どもの誕生日はいつですか?

4. 配偶者の好きな食べ物は何ですか?

5. あなたの子どもが好きなお菓子は何ですか?

6. 最後にコミュニケーションを取ったのはいつですか?

7. 義理の父と母の誕生日はいつですか?

8. 何度、一緒に休暇を過ごしましたか?

9. 交際期間はどのくらいですか?

10. 家事の分担はどのようにしていますか?

2:短い文章で答えなさい (1問10点、合計40点)

1. 夫婦にとって一番の思い出、もしくは最も幸福な出来事とは何ですか?

2. 夫婦の間で現在、最も大きな不一致、もしくは争点は何ですか?

3. 家庭のためにあなたが果たした責任とは何ですか? それはうまくいきましたか? いきませんでしたか?

4. 家庭のために配偶者が果たした責任とは何ですか? それはうまくいきましたか? いきませんでしたか?

3:小論文(20点)

あなたの結婚と家庭に対する考えを説明しなさい。離婚をしたい理由、今後の計画についても述べること。


100点満点で60点以上を取れば、「関係修復の余地」があり、60点以下なら関係が行き詰まっていることを意味するという。

こちらは宜賓市で2017年9月、実際にテストを受けた夫婦の例だ。新華社通信によると、妻は80点、夫は86点だった。点数が高かったため、2人の離婚は認められなかった。

ただ、どちらか一方のみが60点を下回った場合、どうなるかはよく分かっていない。

また、離婚をしたいがために、カンニングをしたり、わざと間違えたりするのをどう防ぐのか、そのメカニズムもよく分からない。

このテストは「離婚率を下げ、衝動的な離婚を防ぐ」ためのものだと、東海県の婚姻登記機関の担当者は扬子晚报に語っている

「数百万世帯の調和があってこそ、社会全体の調和がもたらされる」担当者は言う。

「夫も妻もテストに答えて、落ち着くべきだ。それぞれの設問に答えることで、夫婦関係を振り返り、結婚と家庭に対する責任を思い出してもらいたい」

結婚式の前撮り

Damir Sagolj/Reuters

中国では離婚率が上昇している。背景には、働きに出る女性が増えたこともあるが、ソーシャルメディアやデートアプリの普及によって不倫が助長されているとの声もある。

2017年の前半だけで中国では200万組のカップルが離婚を申請している。サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、前の年の同じ時期に比べて10%以上多いという。

5月上旬には、メッセージアプリWeChat(微信)が広東省のユーザー向けに、ボタンをクリックするだけで離婚登記の予約ができる新たなサービスをスタートさせている。

[原文:China is so desperate to prevent divorces that it's making couples take an exam before they can break up]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中