日大はなぜ失敗したか? 今週読むべき5つのニュース

クイーン・エリザベス、イギリス海軍の最新&最強空母に乗ってみた

空母クイーン・エリザベス

Crown Copyright

空母クイーン・エリザベス(HMS Queen Elizabeth)は、2017年のイギリスの軍関係ニュースの目玉、そして同艦が就役した2017年12月は歴史的にも重要な節目となった。

空母クイーン・エリザベスは、姉妹艦の空母プリンス・オブ・ウェールズ(HMS Prince of Wales)とともに、イギリスの軍事力の新時代を告げる存在。

Business Insiderはクイーン・エリザベスに乗艦する機会を得た。

Learn more?


日大はなぜ失敗したか。東大、早慶、関学…大学不祥事対応に見る成功例と失敗例

日本大学校章

REUTERS/Toru Hanai

大学の不祥事というカテゴリーに入れていい。

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックルである。これほど大きな社会問題となれば、一体育会系クラブ部(課外活動)の対応だけでは済まされない。大学のトップ、経営陣が、悪質タックルを大きな不祥事として受け止めて、真相究明、説明責任、再発防止などの難題に取り組まなければならない。

不祥事に対して、大学はどのように対応してきただろうか。私はこれまで大学の不祥事に関わる会見を取材してきた。過去の不祥事対応のケースを振り返りながら、日本大アメフト問題を機に大学の危機管理について考えてみたい。

Learn more?


日本が単独の1位に! 世界で最も強いパスポート トップ21

空港

Shutterstock

もしあなたがスウェーデン国籍を持っているなら、その渡航力はかなり高いと言えるだろう —— スウェーデン人はビザなしで187カ国に渡ることができるのだ。これは他の多くの国民に比べ、海外旅行に安く、手軽に行けることを意味する。

永住権などの取得支援を手掛けるヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)は、ビザなしで渡航できる国の数に基づき、2018年のパスポート・ランキングを作成した。ランキングの作成にあたっては、200の国・地域から政府のデータを集めたという。

以下、ランキングの上位21カ国を紹介しよう。

Learn more?


朝が苦手な人へ、理想的な朝のルーティン

朝のジョギングイメージ

baranq/Shutterstock

朝をうまく活用できないと、成功できないのではないかと不安に駆られることはないだろうか。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、誰もが知る成功者の中には、アップルのCEOティム・クック、女性に特化した資産運用サービスEllevestのCEOサリー・クロウチェックのように朝4時、あるいはそれ以前に1日を始める早起きな人がいる。

筆者は、朝型人間のメリットを得るためのポイントは、事前にプランを立てることだということを発見した。朝のルーティンを工夫してからは、ストレスなく1日がスタートできるようになった。そして、日を重ねて行くうちにメンタル面でも効果が現れたという。

朝が苦手な人にとって、理想的な朝のルーティンのヒントを見てみよう。

Learn more?


転職最強のX企業はどこか?4エージェントに直撃!今、欲しがられる人材。

就職活動イメージ

撮影:今村拓馬

転職市場が活況だ。人口減少と好景気に伴い、市場は空前の人手不足の様相を帯びている。

若手の転職志向も高まっている。終身雇用が崩壊し、自分でキャリアを築く時代。どの会社に入るかは、ゴールではなくプロセスだ。

転職の際に、強力なカードとなる「人材輩出企業」はあるのだろうか。Business Insider Japanは、4社の転職支援エージェントに実態を聞いた。その企業名が意味するものを考えると、現代で求められる人材像が見えてくる。

Learn more?

※この記事は編集部で集計した週間PV数及び公開済みの記事の内容に基づき作成しています。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい