飲料業界の新たな脅威に! "最高フレーバー責任者"ジャスティン・ティンバーレイクが開発した新ドリンクとは

ジャスティン・ティンバーレイク

ジャスティン・ティンバーレイク。

Buda Mendes/Getty

  • 歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)は、低カロリーで抗酸化物質が豊富な高級清涼飲料を生産するバイ・ブランズ(Bai Brands)の「テネシー・ブラズベリー・スーパーティー(Tennessee Braspberry Supertea)」という新たなフレーバーを作った。
  • この新フレーバーは、ティンバーレイクがラズベリーの中にブルーベリーを詰めて人気を集めた動画をもとに作られた。
  • ティンバーレイクはバイ・ブランズの投資家の1人だ。同社は2016年に飲料会社ドクター・ペッパー・スナップル・グループに買収された、成長著しいフレーバー・ウォーターのブランドだ。

アメリカで最も成長著しいフレーバー・ウォーター・ブランドの1つであるバイ・ブランズに、ジャスティン・ティンバーレイクが更なる勢いを与えている。

バイ・ブランズは5日(現地時間)、「テネシー・ブラズベリー・スーパーティー」という新たなフレーバーを6月に追加するとBusiness Insiderに明かした。ブルーベリーとラズベリーの味がするこの新フレーバーは、ティンバーレイクとのコラボ商品だ。ティンバーレイクは2017年12月、ブルーベリーがラズベリーの中にぴったり収まることを「発見した」という動画を投稿、人気を集めていた。

テネシー・ブラズベリー・スーパーティー

新フレーバー「テネシー・ブラズベリー・スーパーティー」。

Bai Brands

「どんな映画でも、ヒーローが1つでもうまくいかなかったら全員が死んでしまうような、あり得ない計画を提案することがあるでしょう? 」バイ・ブランズは語った。「ジャスティン・ティンバーレイクがブルーベリーをラズベリーに詰めると言ったとき、わたしたちはまさに同じように感じました。でも、彼はやり遂げたのです」

ティンバーレイクは2016年10月、投資家兼同社初の"最高フレーバー責任者(Chief Flavor Officer)"としてバイ・ブランズの一員になることを発表。以来、テレビCMを含めいくつもの広告キャンペーンに登場している。

バイ・ブランズは、ティンバーレイクとの関係を2016年の初めに築いたのだと、同社のCEOベン・ワイス(Ben Weiss)氏はBusiness Insiderに語っている。共通の友人の紹介で、2人はすぐにロサンゼルスで会い、提携の可能性について話し合ったという。

ワイス氏によると、ティンバーレイクはバイ・ブランズの大ファンで、妻で女優のジェシカ・ビール(Jessica Biel)に見つからないところにドリンクを大量にストックしているようだ。

「彼はそれを妻には秘密の小さな冷蔵庫に閉まって、飲んでいると言っていたよ」ワイス氏は言う。「(バイ・ブランズのドリンクが)本当に大好きみたいだ」

2016年11月には、ドクター・ペッパー・スナップル・グループがバイ・ブランズを17億ドルで買収するとのニュースが駆け巡った。ボトルド・ウォーター人気が高まる中、同社はライバル会社のコカ・コーラやペプシコとの戦いに勝つため、バイ・ブランズに目を付けたのだ。

[原文:Justin Timberlake has created his own new drink for a brand that's becoming a threat to Coke and Pepsi]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み