MV-22Bオスプレイのコックピットをのぞいてみた

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider

アメリカ海軍は毎年5月、ニューヨークでフリートウィーク(Fleet Week)を開催。今年は海兵隊の主力輸送機、MV-22Bオスプレイも展示された。

我々は大勢の人に混じって、カーゴベイとコクピットに入ることができた。

メーカーであるベル・ボーイングによると、オスプレイは「ヘリコプターの垂直飛行能力と固定翼機の速度、航続距離、高度、耐久性」を融合させたティルトローター機。

「より効率的なミッションの遂行、および従来の航空機では実現できなかった作戦を実現する」

軍はロケットや機銃、ミサイルを搭載して、オスプレイを攻撃機として運用することも検討している

見てみよう。

製造はベル・ボーイング、初飛行は1989年。2007年から海兵隊が、2009年から空軍が、戦闘および救援のミッションに使用している。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Business Insider

全長63フィート(約19メートル)、ローター回転時の全幅85フィート(約26メートル)、エンジンナセル垂直時の全高22フィート(約6.7メートル)。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider

出典 :US Navy

エンジンはロールス・ロイス製AE1107C×2。最高速度は時速約322マイル(約520km/h)、最大高度は2万5000フィート(約7600メートル)。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider

ローターの直径は38フィート(約12メートル)。

出典 :US Navy

航続距離990マイル(約1600km)、最大離陸重量:垂直離陸時5万2600ポンド(約2万4000キロ)。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider

出典 :US Navy

クルーは、操縦士、副操縦士、クルーチーフ(機付長)の3名。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider

出典 :US Navy

オスプレイには複数の派生型がある。この機は海兵隊のMV-22B。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider


見学者の長い列ができていた。1〜2分の見学を条件に中に入れてもらった。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider


カーゴベイ(貨物室)の内部。最大24名が搭乗可能。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider


複数のディスプレイが並んだ、最新のグラスコックピット。

MV-22Bオスプレイ

Daniel Brown/Business Insider


空母エイブラハム・リンカーンでの離着陸の様子。


We climbed into the cockpit of a V-22 Osprey — the US military tiltrotor aircraft that takes troops into combat

(翻訳:塚本直樹、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい