アメリカ海軍の次期フリゲート候補、重武装のステルス艦「アルピーノ」とは

イタリア海軍のフリゲート「アルピーノ」

Fincantieri

アメリカ海軍は2018年2月、次期フリゲート20隻の調達のために、5タイプの艦を候補として検討すると発表した

6月上旬、我々は5タイプのうちの1つ、イタリア企業フィンカンティエリ(Fincantieri)製のFREMMアルピーノを見学した。アルピーノは対潜型フリゲート。

※FREMM:イタリアとフランスが共同開発を進めているフリーゲート。汎用型と対潜型がある。

「この2年で世界は確かに変化した。ロシアと中国の動きを見れば明らか」と退役した元海軍大将で、現在はフィンカンティエリに協力しているリック・ハント(Rick Hunt)氏は同艦のブリッジでBusiness Insiderに語った。

「率直に言って、そのことが我々がこれまで進めてきたハイローミックス戦略に取り組む理由だと考えている」

さらにハント氏は「我々は駆逐艦と巡洋艦からなるイージス艦隊を持っている」、だが「前線への展開、独立した軍事作戦、護衛能力、さらに空母打撃群の価値を高めるために、イージス艦隊ではカバーできない領域をカバーする、より小型の多用途艦が必要」と語った。

そして、これこそが重装備のアルピーノが提供し得るものとしたうえで、アルピーノは「駆逐艦に匹敵する能力」を備えていると語った。

見てみよう。

全長:約144メートル、全幅:約20メートル、吃水:約5メートル。

イタリア海軍のフリゲート「アルピーノ」

Daniel Brown/Business Insider

※吃水:船が沈む深さ。つまり船の一番下から水面までの距離。

出典 :Fincantieri

乗員:約200人、満載排水量:約6500トン。

イタリア海軍のフリゲート「アルピーノ」

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

乗船!

イタリア海軍のフリゲート「アルピーノ」

Daniel Brown/Business Insider


見てのとおり、同艦はステルス艦。最新のズムウォルト級ミサイル駆逐艦ほどではないが、ステルス性が期待できる。

イタリア海軍のフリゲート「アルピーノ」

Daniel Brown/Business Insider


ブリッジ。艦首方向180度の視界が確保されている。

ブリッジ

Daniel Brown/Business Insider


別の角度から。前にあるのは艦長席。

艦長席

Daniel Brown/Business Insider


ブリッジから艦首を見る。艦首の立ち入りは許可されなかった。オート・メラーラ76ミリ単装速射砲の後方に、16セルの多機能VLS(垂直発射システム)が見える。

76ミリ砲とVLS

Daniel Brown/Business Insider

我々が見学したアルピーノはイタリア海軍所属(フィンカンティエリはイタリア企業)。仮にアメリカ海軍が同タイプを調達する場合には、アメリカ製システムを搭載することになる。

艦首と艦尾にある2門の76ミリ砲を57ミリMk.110CIGC(Close-In Gun System)に変更し、16セルではなく、32セルの多機能VLSを搭載することは決定済み。

他のシステムについては未定。だがハント氏によると、アメリカ海軍は高出力レーザーやレールガンの搭載を検討している可能性がある。

出典 :Fincantieri

艦尾側の76ミリ砲。フライトデッキを見下ろす位置にある。

76ミリ砲

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

エリコンKBA25ミリ機関砲。

25ミリ機関砲

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

反対側。

25ミリ機関砲

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

テセオMk-2/A対艦・対地ミサイル発射管も搭載。

対艦・対地ミサイル発射管

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

SLAT対魚雷システム。

SLAT対魚雷システム

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

対空デコイ発射システム。

対空デコイ発射システム

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

3連装魚雷発射管。

3連装魚雷発射管

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

機関室。

機関室

Daniel Brown/Business Insider


機関は、簡単に言えばハイブリッド。低速・巡航時は4基のディーゼル発電機が2基のモーターを動かす。高速時にはガスタービンエンジンを併用。最大速力は27ノット(約50キロ)。

機関室

Daniel Brown/Business Insider

出典 :Fincantieri

アルピーノは対潜型。タレス可変深度ソナーを含め、さまざまなソナーを搭載。可変深度ソナーは後方のドアから水中に展開する。

タレス可変深度ソナー

Daniel Brown/Business Insider


センサー(黄色の部分)とドアが良く分かる。

タレス可変深度ソナー

Daniel Brown/Business Insider


曳航式で、ラジオのアンテナのように水中に伸びる。

タレス可変深度ソナー

Daniel Brown/Business Insider

ソナーに加え、対地、対空、航海用レーダーなども搭載。

最新のダメージコントロール・システム。艦内には複数のカメラとモニター、自動の脱塩水スプリンクラーなどが備えられている。

ダメージコントロール・システム

Daniel Brown/Business Insider


2つある格納庫のうちの1つ。NH-90もしくはEH101ヘリコプターを格納できる。

格納庫

Daniel Brown/Business Insider

だが、アメリカが求める条件は、MH-60Rシーホーク・ヘリコプターが1機格納できること。もう一方の格納庫には、おそらく無人機が格納されることになる。

フライトデッキ。左に見えるのはNH-90。

フライトデッキ

Daniel Brown/Business Insider


別の角度から。

NH-90

Daniel Brown/Business Insider


最後はコントロールタワーからフライトデッキを見た写真。

コントロールタワーからフライトデッキを見た写真

Daniel Brown/Business Insider

アメリカは2020年に5つの候補から1つを選び、契約する予定。

[原文:We toured the heavily-armed and stealthy warship that may be the US Navy's next frigate

(翻訳:conyac、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み