現金禁止の同人誌即売会「pixiv MARKET」は、未来の即売会のモデルケースとなるか

pixiv MARKET

池袋で行われた「pixiv MARKET」は、国内初のキャッシュレス決済限定同人誌即売会だ。

イラスト投稿サイトなどを運営するピクシブは、2018年6月10日に池袋のサンシャインシティ文化会館ビルで日本初のキャッシュレス決済限定の同人誌即売会「pixiv MARKET」を開催した。

pixiv MARKET 入場時の様子

入場開始直後の様子。

異色の即売会であったものの、出展サークル数は約300。当日は12時の入場開始前には長蛇の列ができた。15時30分の一般入場締め切りまでの来場者は3000人以上にのぼった。

来場者のメリットは「小銭いらず」「時間の効率化」

pixiv PAYの支払いの様子

pixiv MARKETでは、pixiv PAYでの決済のみが許可されていた。

数名の来場者に感想を求めたところ、「素早く決済でき、多くのブースを回れた」(10代男性)、「計算ミスが少ない」(20代女性)と、一同に口をそろえるのがキャッシュレス決済の効率性の高さだ

pixiv MARKETでは、同社のiOSおよびAndroid向けアプリ「pixiv PAY」でのQRコード決済のみが利用可能となっており、入場時にもアプリの提示が求められた。

pixiv PAYは登録したクレジットカード(PayPalもしくは直接入力)か「pixiv PAYポイント」の残高を利用して、決済する。利用手順は簡単で、アプリを立ち上げて“支払う”ボタンをタップ、カメラが起動するので出展サークルが提示するQRコードを読み込む。カードやポイント残高のチャージさえ済ませておけば、わずか3ステップ程度で支払いが完了する。

pixiv PAY支払い結果

自分もpixiv PAYで、旅行先でのトラブルをまとめた同人誌を買ってみた。設定さえすませてしまえば、支払いまでは恐ろしいほどスムーズだった。

一般的な同人誌即売会の場合、支払いは現金が主流だ。複数商品の購入で支払い額の計算がややこしくなったり、おつりの計算などでタイムラグが発生する。発生したタイムラグは行列という形で出展サークル・参加者にふりかかり、体力的・精神的な負担となる。

pixiv PAYによってこれらがある程度解消し、“お金を支払う側”の参加者は効率良くブースを巡回でき、より多くの作品に出会い、購入できるというわけだ。

ポイントを活用すれば「買い過ぎ」も防止できる

pixiv PAYポイントチャージの列

今回のpixiv MARKET内で唯一現金が扱われたのが、ポイントチャージのブースで、一時は行列ができていた。

来場者の話の中には、思わず「なるほど」と言いたくなる意見もあった。栃木県から参加した20代男性は「pixiv PAYを使うことで、(普段より)購入費を抑えられた」という。

前述のとおり、pixiv PAYはクレジットカードだけではなく、pixiv PAYポイントによる支払いも行える。pixiv PAYポイントは同社が実施するキャンペーンや対応するコンビニでチャージでき、1ポイント=1円として利用できるものだ。pixiv MARKET開催当日には会場内に専用のチャージブースも設置された。

筆者にも経験はあるが、同人誌即売会など自分の趣味や好奇心を満たすイベントの場合、ついついお金を使いすぎてしまうことがある。そこで、支払いをポイントに限定し、その日使おうと思っている金額分だけをポイントにしておけば、予定外の支出を抑えることにつながるわけだ。

キャッシュレス決済では、「お金をどのぐらい使ったか物理的に把握しにくい」といった不安の声が聞かれる。しかし、統一されたひとつのキャッシュレスの決済方法に限定したことで、このようなメリットが生まれたのは興味深い。

サークル側もメリットはあるが、「手数料」を懸念

pixiv MARKETのとあるブース

pixiv PAYは出展するサークルにとって、どんなメリットがあるのか?

では、一方で出展するサークル側の考えはどうだったのか。

男性向け作品を扱うサークルの主宰に聞くと、参加者と同様に「思ったよりスムーズ。とくに複数商品を買っていただくときの計算と決済が楽だった」と語る。

当然だがサークル側は、おつり用に持ち込んだお金や終了後の売上金などの管理を自己責任で行わなければならない。盗難や紛失はもちろん、おつりの額を間違えたときに発生する負担などもすべて個人にふりかかってくる。その負担がなくなるという魅力は、複数のサークルが話していた。

pixiv PAYの出展側の画面

pixiv PAYは支払い機能とレジ機能が一緒になっている。レジ機能では事前に登録しておいた作品をタップして、合計金額を算出できる。

一方で、「pixiv PAYを使い続けるかどうかは、手数料次第」(同サークル主)と話す。

pixiv PAYには2種類の手数料が存在する。1つは売り上げを自分の銀行口座に出金する際の振込手数料で、申請金額が3万円未満で200円、3万円以上で300円となっている。もうひとつは決済手数料で、1会計ごとに売り上げの3.6%が手数料としてピクシブ側に渡る。ただし、2018年8月末までの間は決済手数料は無料となっている。

pixiv PAY公式サイト

現在、pixiv PAYの決済手数料は無料となっている(2018年8月末まで)。

出典:ピクシブ

同サークル主は「その手数料にかかる分を、売り子などで手伝ってくれた人たちに還元したい」と話す。企画から制作、そして販売までを個人もしくは小規模なグループで行なうサークルにとって決済手数料の占める負担は小さいものではない。

もちろん、「3.6%程度であれば、使い続けたい」という声もいくつかの出展サークルから聞いた。

3.6%という数字は、国内のクレジットカードや各種電子マネーの一般的な決済手数料率とほぼ同等だが、中国などで爆発的に広がった各種QRコード決済の手数料と比べるとまだまだ高い。3.6%程度の手数料を許容できるかどうかは、サークルの規模次第と言えそうだ。

PAYの目的は、ビジネスではなく「つながり」の形成

pixiv 重松氏

ピクシブ クリエイター事業部 部長の重松裕三氏。

とはいえ、クレジットカード会社へ支払う決済手数料は8月末までピクシブが全額負担しており、9月からも手数料の値上げの予定はないと明言している。同社にとってPAY自体の旨みは少なそうに見える。

Business Insider Japanの取材に対し、同社のクリエイター事業部部長でpixiv MARKETの責任者を務める重松裕三氏は「pixiv PAY自体の収益化は考えていない」と言い切る。重松氏によると「pixiv PAYの狙いは、ピクシブ経済圏の構築」にあるという。

pixivFACTORYのブース

pixiv MARKETに出展していた「pixivFACTORY」のブース。pixivFACTORYでは、オリジナルのアクリル製のアクセサリーやiPhoneケースなどが1ロットから制作できる。

ピクシブはC2CのECサイト「BOOTH」や、グッズ制作サービス「pixivFACTORY」、ライブドローイングイベント「pixiv ONE」など、イラスト投稿サイト以外にもクリエイターやそのファン向けのサービスを多く手掛けている。つまり、より多くのクリエイターとファンの間に強いつながりを形成することが、同社のサービスの利用率を上げる近道になるわけだ。

重松氏は「pixiv PAYで支払うと、そのサークルをフォローする仕組みになっている。お金を払ったというつながりは、ほかのSNSでのつながりより強固なものだと考えている」と述べており、今後リリースを予定している“pixiv PAYの売り上げを他のピクシブサービスで使えるようにする機能”と合わせて、同社は自社サービスの顧客体験基盤を強固にしようとしているようだ。

もうひとつの懸念点は「ネットワーク」

pixiv MARKETのルーター使用禁止の告知

会場内では、モバイルWi-Fiルーターなどの使用が制限されていた。

最後に、pixiv MARKETを語る上で、ネットワークのトラブルがあったことも触れておきたい。

同イベントでは現金での決済以外にも、モバイルWi-Fiルーターやスマートフォンなどのテザリング機能の利用が禁止されており、利用者および出展サークル向けには専用のWi-Fiのアクセスポイントが案内されていた。

これは、pixiv PAYの利用にはサークル側・支払い側どちらにもインターネット環境が必須となり、LTEなどのモバイル回線を使わずともスマートフォンやタブレットなどで円滑に決済を行うための施策だ。

だが、開場前後にはこのネットワークにうまくつながらないといったトラブルが発生していた(ピクシブ側によると、問題は開催中に解消)。実際、「サークル側のQRコードが表示されずに、手間取った」といった声も参加者から聞こえてきた。

pixiv MARKETで配られた看板

pixiv MARKETの出展サークルに配られたpixiv PAYのアクリルポップ。MARKETで手応えを感じたサークルが、コミックマーケットなどほかの即売会でもpixiv PAYを利用する際に掲示するかもしれない。

規模は全く違うが、夏と冬に行われる大規模同人即売会「コミックマーケット」では運営とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクらが、移動基地局車や複数のWi-Fiサービスの展開によって膨大なネットワークトラフィックの対策を行っている。

重松氏によると今回のようなピクシブ主催の即売会の開催は「未定」とのことだが、pixiv PAY自体はコミックマーケットを含め、今後ほかの即売会で利用される可能性は大いにある。そのとき、pixiv PAYだけで決済ができるかどうかは当日のネットワーク環境に左右されてしまうだろう。

スマートフォンなどでクレジットカード決済を実現する「Square」などは、オフライン決済の仕組みをすでに実装している。pixiv PAYも同様な機能の実装などが求められる。

(文、撮影・小林優多郎)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中