トランプ大統領のTwitterフォロワー、女性は20%以下

イベントの様子

2016年11月、当時、大統領候補だったトランプ氏の妻、メラニア・トランプ氏が開催したイベントで「Women For Trump」のポスターを掲げる支持者。

Thomson Reuters

トランプ大統領のTwitterのフォロワーは約2760万人に上る。だが、ブルームバーグの分析によると、そのうち女性は19%しかいない。

Twitterのフォロワー分析ができる「SocialRank」を活用したブルームバーグの記事は、トランプ大統領のフォロワーの中で最も関わりの強い20人のうち、女性はたった2人で、「そのどちらも自動化(ボットによる自動ポスト)されているようだ」と伝えている。

また、トランプ大統領のフォロワーの25%以上は、アイコンが初期設定の「eggs(たまご)」のままであることが分かった。一般的に初期設定の「たまご」のアイコンを使っているのは、Twitter初心者であったり、偽アカウントや荒らしアカウントである場合が多い。

さらに言えば、トランプ大統領のアカウントと最も関わりが強い@Trump2016_Fanというアカウントは、昨年1万8000回以上もツイートしており、トランプ大統領をサポートするメッセージをすべて大文字でつぶやいていた。ブルームバーグによると、このアカウントも自動化されているようだ。

トランプ大統領は、ソーシャルメディア、特にTwitterを多用することで知られている。2009年にTwitterを始めてからというもの、すでに3万5000回近くツイートしている。大統領のツイートは、フォロワーからは賞賛を受けているが、評論家は、大統領が嫌う個人やグループに対する高圧的で辛辣な言葉や批判的なツイートを非難している。

トランプ大統領がフォローしている43のアカウントのうち、15は報道機関やトランプブランドなどの組織で、男性は16、女性は12。大統領がフォローしているのは、ほとんどが親族だ。

Twitterの女性フォロワーが比較的少ないこととは対照的に、大統領は2016年の選挙戦で女性有権者の42%から票を獲得した。2012年、共和党大統領候補のミット・ロムニー氏が得た44%をわずかに2%下回った数字だ。

[原文:Only 1 in 5 of Trump's Twitter followers are women

(翻訳:Wizr)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい